タケノコご飯と木の芽和え、煮物

昨日採ったタケノコ。
今回はタケノコご飯と木の芽和え、それから煮物にしました。

140509タケノコご飯
↑なんと言ってもタケノコご飯が最高!

タケノコご飯

(1)米2合を研いで、だし汁(市販の顆粒だしを水に溶いたものでOK)を普通にご飯を炊く目盛りまで入れる。
(2)フライパンにサラダ油小さじ1を入れ、タケノコ(100g)を食べやすい大きさに切り、にんじん(1/3本)の千切り、油揚げ(1枚)の千切りと一緒にさっと炒める。
(3)2に薄口醤油(大さじ1)、料理酒(大さじ2)、みりん(小さじ2)、塩(小さじ1/2)を入れて、1〜2分煮含める。
(4)3を米の上に煮汁ごと入れて(この時かき混ぜてはいけない)炊飯。
(5)炊けたら混ぜて、5分くらい蒸らしたら出来上がり。
上記は、2合炊きのレシピですが、今回はたっぷり8合炊きました。

140509タケノコ木の芽和え
↑タケノコの木の芽和え。
この写真は昨年撮ったものなんで、タケノコが成長し過ぎていて「竹」そのものみたいになってますが(笑)
この時はアサリも入れてみました。
こちらは、アク抜きしたタケノコを食べやすい大きさに切って山椒味噌と混ぜるだけ。簡単!
春の風味がしておいしいですよ。

山椒味噌

140503山椒味噌01
↑山椒の葉を採ってきます。今回はこの位の量を使いました。
なるべく柔らかそうな葉を選んで採ると良いです。

140503山椒味噌02
↑葉をちぎって、真ん中の固い軸は取り除きます。
すり鉢ですりつぶします。フードプロセッサーにかける人もいるみたいです。
そこに、味噌100g、砂糖大さじ2、みりん大さじ2、酒大さじ2を入れてさらに少しすりつぶします。
小さい鍋、またはフライパンに移し、水分を飛ばすようにひと煮立ちさせて冷ませば完成。

140503山椒味噌03
↑出来上がり。
焼きおにぎりに塗ったり、焼き魚に付けて食べてもおいしいですね。

140507タケノコの煮物
↑母親が作った竹の子の煮物。目分量で調味料テキトーに入れて煮てました(笑)
しょう油、砂糖、みりん、酒を入れてました、たぶん。あと最後に鰹節の細かくなったやつを入れてました。
テキトーに作った(ように見える)割に、抜群にうまかった。恐るべし。


↑ひと目でわかる!おいしい「山菜・野草」の見分け方・食べ方