本流の釣りは難しい|天竜川 ルアーフィッシング

午前中は野暮用があったので、午後ちょっとゆっくり釣りに出かけました。
久しぶりに天竜川本流の下流部へ。到着したのはすでに3時。

140518天竜川本流01
↑こんな感じのポイントです。イワナ、アマゴ、ニジマス、とにかくビッグサイズ狙いです。
今日はタックルもパワーアップして臨みます。ラインは6lb。


↑ロッドはこちら。メジャークラフトのNEXTINO NTS-722L。
リールはSHIMANO SENSILITE Mg1500(販売終了品)。

大きなポイントなんで、ひたすら投げては巻き、投げては巻き。
2時間ほどがんばってみたけど、全くなんの反応もなく、いつも渓流で使っているライトタックルに比べると疲労度も激しいので本日はこれまで。丸ボウズでしたー。トホホ。

本日投げ続けたルアーは、
・AR-HDミノー
・シュガーディープ
・スペアヘッドリュウキ60S
・チヌーク140518天竜川本流02.jpg

目にした魚は浅瀬の岸で泳ぐ稚魚(ウグイ?)のみ。梅雨時に天竜差し(天竜川で大きく育ちサツキマスのようになったアマゴ)狙いで再挑戦だなー。

スポンサーリンク

フォローする

Googleのおすすめコンテンツ。
Googleさんが選んでくれたおすすめ記事