曇りなき瞳の輝き|ジムニー ヘッドライトの黄ばみとり

ジムニー(JB23-1型)、平成11年式なので、すでに15年が経過している車です。
車体にはサビが出ている部分もあるし、傷も結構あります。自分でできる範囲で補修をチマチマしてたりするわけです。
外観に関しては1箇所だけピカピカにしたいところがあるんです。それはヘッドライトです。街でプリウス1型を見かけると、おぉ大事に乗ってるね、と思うと同時に、ヘッドライトが黄ばんでるとなんか残念な気分になります。ひどいのになると全体が曇っちゃって、あれじゃライトの光量も落ちちゃうだろうし。
で、私のジムニーはそれほどひどくはないけど、もっとキレイにしておきたい。

↓まず最初に、カーメイトヘッドライトクリーナー 親水コート C78を使ってみました。
140609ジムニーライトコート
>>楽天市場で見る >>アマゾンで見る

磨き剤とコーティング剤がセットになっています。これだけでもかなりキレイになりました。
が、ちょっと斜めからみると、まだ黄ばんでるなー。

そこで、動画で紹介されていたやり方(2017.2.8現在、再生不可になってます)でやってみようかなー、ということです。

140618ジムニーライト00
↑まずはマスキングです。やっぱり斜めからみると黄ばんでるしちょっと曇ってる。
140609ジムニーライト02
↑これを、耐水ペーパーの1500番に水をつけ磨いていきます。こんなことやっちゃって大丈夫なのか? とちょっと不安になるけど、、、次に2000番で同様に。
140609ジムニーライト03
↑汚れは落ちたけど、耐水ペーパーのせい(いやいやおかげ)で、ライトに細かい傷が付き白っぽく曇ってます。この段階で不安MAXです・・・
140609ジムニーライト04
↑上記の磨き剤を使ってみると、ある程度ツヤは出たけど、細かいスリキズが完全には消えません。

140617ジムニーライトコンパウンド
>>楽天市場で見る >>アマゾンで見る
↑そこで登場! 3M コンパウンド ハード・1地元のホームセンターには置いてなかったので、ネットで購入。

140618ジムニーライト02
↑コンパウンド用のスポンジを使って、少し力を入れながら磨いていきます。サンダーがあれば、楽にできるんだろーなー。欲しいなサンダー(笑)
ともかく、クルクルクルクル磨いていきます。さすが業務用だけあって、効果抜群!
これは、ヘッドライトに限らずもちろんボディーにも使えるので、いつもの安物コンパウンドはやめて今度これを使ってみよう。

140609ジムニーライト05
↑最後に上記のコーティング剤を塗り込みます。

↓コーディングはムービーでも紹介されていたこちらの商品の方が威力がありそうですけど。高っ!!

ヘッドライト専用コーティング剤 (プラスチック保護剤 J 100cc) (ハーフピンクスポンジ付き)

>>楽天市場で購入
価格:5,400円(税込、送料込)

>>アマゾンで見る

140618ジムニーライト03
↑ほぼ、満足のいく仕上がりになりました! 半年に一度くらいはやった方がいいかな? 耐水ペーパーで削るのは、やり過ぎるとまずいんで、もう当分はやりませんけどね。
サンダー欲しいな(というかポリッシャーか)充電式のヤツ(笑)