映画『春を背負って』

映画「春を背負って」を観ました。
数々の日本映画を支えてきた映画カメラマン木村大作監督の新作です。
160625春を背負って
>>楽天市場で見る >>アマゾンで見る

木村監督と言えば、2009年公開の初監督作品「劔岳 点の記」のヒットが記憶に新しいです。
140625劔岳点の記
>>楽天市場で見る >>アマゾンで見る

とにかく立山連峰で60日間のロケを敢行して撮影したという、大自然の映像の迫力がすごいです。
こんなところで、ホントに撮影したのー!? とビックリするとともにその映像の美しさに圧倒されます。
そしてその中での演技が演技とは思えないほど自然で、心にすんなり入ってきます。
松山ケンイチ、蒼井優、豊川悦司をはじめ、キャスティングもぴったりでした。

私は今まで「登山」をする人の気持ちが全く理解できませんでした。
同じアウトドアというジャンルでも、釣りやキャンプ、山へ山菜やキノコを採りに行ったりはしますが、標高3,000mとか岩がゴツゴツしてるとこへ登っていって何が楽しいのか全然わからなかったんです(笑)
でも、この映画を観て、登山をする人たちの気持ちが少しはわかった気がします。

大自然に癒やされに行ってるんですね、みんな、きっと。
大自然の厳しさと美しさの前で、人は謙虚になり、素直な気持ちになれる。

そういうことなら、私が釣りをやってる理由も、よく考えるとそういうことかもしれない。

人はみんな何かを背負って生きていくしかない、そしてその何かを人と分け合って生きていくんだ。
そんなメッセージを感じる、素朴で素晴らしい映画でした。

エンディングに流れる、山崎まさよしが歌う主題歌も心に染みました。

『映画『春を背負って』』へのコメント

  1. 名前:自営業FF 投稿日:2014/06/27(金) 18:00:12 ID:589fc6ab0 返信

    こんにちは。

    自分は映画を殆ど見ませんが、新田次郎はかつて濫読いたしました。
    新田次郎原作で木村さん撮影は古くは「八甲田山」でしょうか?監督が同じ「聖職の碑」も?場面が浮かんできますよ。

    リンクして下さっていたんですね。解析を見ていて気が付きました。
    ありがとうございます。コチラもリンクさせていただきます。

    ではでは。

  2. 名前:リコプテラ 投稿日:2014/06/27(金) 18:45:19 ID:589fc6ab0 返信

    自営業FFさん、どうもです。
    聖職の碑、懐かしいですね。私は遭難した箕輪中学校の出身なので、中学時代に全校で映画を観ました。
    リンク、ありがとうございます!
    今度ともよろしくお願いいたします。