革靴の手入れ|スウェード編

だいぶ寒くなり、スウェード靴の出番も多くなってきました。

私はそれほど『おしゃれ』に気を遣うタイプではないですが、靴だけはいつもキレイにしておきたいんですよね。車のヘッドライトだけはキレイにしておきたいってのと似ているかも(笑)

前回のスムースレザー編に続き、スウェード靴の手入れをしてみます。

141022パサデナ01
↑お気に入りのBIRKENSTOCK パサデナ。
>>楽天市場で見る >>アマゾンで見る

141022パサデナ02 141022パサデナ03
↑まず、馬毛ブラシ(楽天市場で見るアマゾンで見る)で全体の汚れを落とします。
その後、ウォーリー スプラッシュブラシ(楽天市場で見るアマゾンで見る)でさらに汚れを落とします。やわらかいスポンジ状のクリーナーです。

141022パサデナ04 141022パサデナ05
↑なかなか落ちない汚れがあれば、さらにモウブレイ スウェード&ヌバックイレイサー(楽天市場で見るアマゾンで見る)で擦ります。これは、言ってみれば砂ケシゴムです(笑)あんまりゴシゴシやると、皮を痛めるので要注意。
その後、ワイヤーブラシ(楽天市場で見るアマゾンで見る)で毛並みを整えます。が、写真赤丸部分の油が染みこんだような汚れが落ちていない・・・

方針変更して靴を丸洗いすることにします。靴って(特にスウェードなどの起毛革は)洗っちゃいけないような気がしますが、洗って大丈夫です。この靴は、すでに過去に一度丸洗いしています。

141022パサデナ07 141022パサデナ08
↑スポンジに水を付けて、靴全体をしっかり濡らします。部分的に濡らすと、乾いた後ムラになるので、汚れ部分が小面積でも必ず全体を濡らします。これ重要です。
その後、モウブレイ スエード&ヌバックシャンプー(楽天市場で見るアマゾンで見る)をスポンジに付けてくるくる円を描くように泡立てて洗います。泡が消えるまでくるくるクルクル。

141022パサデナ09
↑固く絞ったタオルで、丁寧に拭き取ります。その後、シューツリー(楽天市場で見るアマゾンで見る)を入れて形を整え、陰干しします。
【この丸洗い〜陰干しまでの工程は、通常のメンテナンスでは必要ありません。】

141022パサデナ10 141022パサデナ11
↑陰干し完了。
スウェード用の保革スプレーをして、ワイヤーブラシで毛並みを整えます。今回は昔買ったKIWIのスウェード用スプレーが残ってたんで使いましたが、お勧めはウォーリーのスエードカラーフレッシュスプレー(楽天市場で見るアマゾンで見る)。

最後に、スムースレザー同様、防水スプレー・ウォーリー・プロテクター3×3(楽天市場で見るアマゾンで見る
を革全体がしっとり塗れるくらいスプレーして乾かします。このスプレーはスウェードなどの起毛革にも使えます。これをスプレーしておくと、雨の日でも気にせず履けるし、汚れも付きにくいです。
あ、そうそう、書き忘れたけど、室内でスプレー類を使っちゃダメですよ。玄関とかベランダ(屋外が最適)でスプレーして下さいね。

141022パサデナ20
↑仕上がりました。だいぶきれいになりました!

スムーズレザー、オイルドレザーについてはこちらをご覧下さい。