酸っぱい思い出|イタドリのキンピラ

先日ホップの芽(カラハナソウ)を採ったときに目に付いたイタドリ。
イタドリって子どものころ爺ちゃんから「子どもの頃はこれをかじっていた」という話を聞いて、皮を剥いてかじってみたけど、酸っぱーっ!!
「コレワ人間ノ食ベル物デワナイ」と深く心に刻んだのでした。

少し前に、Nori1022さんのブログを見たらイタドリ食べてるじゃないの!?
炒め物にしてたので
「炒めると酸っぱさ消えるんですか?」と聞いてみたら、
「酸っぱさをどうにかするのに一回塩漬けします」と。
ふーん、塩漬けねぇ、と思っていたのでした。

160430イタドリ01 160430イタドリ02
↑イタドリ。漢字だと『虎杖』と書くらしい。虎が杖にするには弱すぎるぞ。
ともかくちょっと採って帰ろう。もう少し伸びたやつなら手でポキポキ折れると思うけど、ナイフで切って採ろう。

160430イタドリ04 160430イタドリ03
↑そんなにうまいと思えないからちょっとだけにしとこう。
イタドリって赤っぽいやつと緑っぽいやつがあるね。皮を剥くと同じように緑だけど。
久しぶりに皮を剥いてかじってみよう。
酸っぱ〜、、、ん? 思ったほど酸っぱくないな。うまくはないけど(^_^;)
子どもだったから余計に酸っぱく感じたのかな。
ともかく、葉っぱを取り除いてお持ち帰り。

160430イタドリキンピラ01 160430イタドリ天ぷら
↑先端の芽の部分は試しに天ぷらにしてみました。
ちょっとぬるっとした食感もあってなかなかイケます。酸っぱさはほとんど感じませんね。

イタドリのきんぴら

・イタドリ…100g(皮を剥いた状態で)
・豚ロース薄切り肉…50g
・ゴマ油…大さじ2
・砂糖…大さじ1
・醤油…大さじ1
仕上げ用
・ごま油小さじ…1
・醤油大さじ…1
・白ゴマ…大さじ1

160430イタドリキンピラ02 160430イタドリキンピラ03
↑茎の皮を剥きます。包丁の葉で少し剥いてフキの皮のようにつるーっと剥いていきます。
こんな感じに皮を剥くとあざやかな緑色になります。

160430イタドリキンピラ04 160430イタドリキンピラ05
↑タッパーに入る長さに切って粗塩をたっぷり振りかけ、冷蔵庫に入れて一晩おきます。
諸事情により一晩じゃなくて二晩漬けちゃった。だいぶ水分が出ました。

160430イタドリキンピラ06 160430イタドリキンピラ07
↑ボウルに水を張って塩抜きします。途中水を替えながら2時間浸けて切れ端をかじってみるとまだ塩辛いなー。こりゃ、塩抜きに時間かかるぞ。
1時間おきに水を替えて4時間くらいたってから、もう一度かじってみると塩が抜けた。
酸っぱさも感じないな。このくらいで良さそう。
イタドリを5mm幅くらいに斜めに切っていきます。こうしてみると細い竹みたいだな。
緑色をしたネマガリタケと言えなくもない。イタドリは100gくらいありました。

160430イタドリキンピラ09 160430イタドリキンピラ10
↑フライパンにゴマ油大さじ2を引いて、2cm幅に切った豚ロース薄切り肉50gを炒めます。
豚肉に火が通ったら、イタドリを投入して強火で短時間炒めます。

160430イタドリキンピラ12
↑火を入れすぎない程度で、砂糖大さじ1、醤油大さじ1を入れてさっと炒めます。
仕上げに、醤油大さじ1、ゴマ油小さじ1、白ゴマ大さじ1を加えて炒めたら完成。

160430イタドリキンピラ13
↑皿に盛って、さらに白ゴマをパラパラ。

食べてみると、おっ、なんだかうまい。うまいよー。
これホントにネマガリタケにちょっと似てる。歯応えはこちらの方がシャキシャキした感じだけど、それがいい。

懸案の酸っぱさは感じません。イタドリがこんなにうまいとは驚き。
先日ウドで作った肉巻きはきっとイタドリの方が適していると思う。きっとうまいはず。

今回は伸び始めのやつ、しかも細い方が柔らかいかなと思って細いものを多く採ったけど、太めの部分の方がネマガリタケみたいでうまい。
もっと伸びたヤツなら簡単にたくさん採れるな。

アク抜きがちょっとめんどうだけど、イタドリはそこら中に生えているからいつでも採れるし、これはあなどれない山菜かも(^_^)

  

スポンサーリンク

フォローする

関連記事
こちらの関連記事もおすすめです

『酸っぱい思い出|イタドリのキンピラ』へのコメント

  1. 名前:Nori1022 投稿日:2016/05/22(日) 21:17:11 ID:13de2505e 返信

    なんか不思議な味しますよね。
    マズイこともないけど美味いこともないような(笑)
    でもなんだか食べてしまうという謎の植物。

    • 名前:リコプテラ 投稿日:2016/05/23(月) 19:34:06 ID:1997117c0 返信

      Nori1022さん、こんばんは。
      「不思議な味」というのがピッタリかもしれません(笑)
      とびっきりうまいってわけじゃないですけど、Noriさんに教えてもらった通り、一度塩漬けにすると酸っぱさは抜けて、歯応えは良いままで、結構気に入りましたよ。
      ありがとうございます!

  2. 名前:kuni 投稿日:2016/05/22(日) 23:24:19 ID:4818eb06c 返信

    イタドリは実家でも食べていたし、親友の実家でも煮物になって出てきて、懐かしい味を堪能しました。^^
    ボクも好きだなぁ。

    • 名前:リコプテラ 投稿日:2016/05/23(月) 19:37:01 ID:1997117c0 返信

      kuniさん、こんばんは。
      こちらでは一般的に食べる食材ではないですが、関西方面ではポピュラーなんでしょうか。
      自分で調理して食べたのは初めてですが、Noriさんのおかげで今後は優秀食材の仲間入りです(笑)
      林道にいっぱい生えてますし(^_^)

  3. 名前:七流釣師 投稿日:2016/05/23(月) 08:01:39 ID:bf7cb0df3 返信

    イタドリは、昔に親父から食べられると教わりましたが、その時の感想は『微妙な味』でした(^_^;)
    親父は『スカンポ』と呼んでましたね。

    • 名前:リコプテラ 投稿日:2016/05/23(月) 19:40:07 ID:1997117c0 返信

      七流釣師さん、こんばんは。
      食べたのは生でしょうか。それとも調理されたものでしょうか。
      生は正に微妙な味だと思います。というか、私は子どもの頃一回食べたきりです(笑)
      スカンポという呼び名も聞いたことがありますね。

  4. 名前:マンボウ 投稿日:2016/05/23(月) 09:56:12 ID:9243dc6d8 返信

    おはようございます。

    イタドリは幼い頃に、ウインナタコの様に切り込みを入れてから水に浸けてイタドリタコを作って遊んでいました。
    そんあ折に、皮をむいて、塩をつけると食べられるとお爺さんから聞いて食べた事があります。
    特別美味しい物ではないが、食べられなくは無いなと、幼心に感じた記憶があります。

    • 名前:リコプテラ 投稿日:2016/05/23(月) 19:42:45 ID:1997117c0 返信

      マンボウさん、こんばんは。
      へぇー、おもしろい遊びですね。水に浸けるとタコウインナーのように広がるんでしょうか??
      水にさらしてから塩ですか。いくぶん酸味も抜けますかね。
      生だと私もちょっと尻込みしますが、今回のきんぴらは普通にうまかったです(^_^)

  5. 名前:やっこおはぎ 投稿日:2016/05/23(月) 10:59:41 ID:cb7a9c6fd 返信

    これ イタドリ っていうんですか!?
    子供のころ、遠足とかで喉乾いたらこれ齧ってましたよw
    先生に教わってみんなやってました。
    あの酸っぱさは嫌いじゃなかったですよ!
    今の子供はそんなことしてるんでしょうか。
    若い先生は知らないかもですけどw
    普通に食材としても使われているんですねぇ。。。
    ちょっと食べてみたいかも。

    • 名前:リコプテラ 投稿日:2016/05/23(月) 19:47:36 ID:1997117c0 返信

      やっこおはぎさん、こんばんは。
      地域によって呼び名が違うかもしれませんが、標準名は“イタドリ”です。
      私も子どもの頃かじってみましたが、はっきり言ってきつかったです(^_^;)
      今の子どもはそんなことしないでしょうね。
      そう言えば先日、地元の小学校の女性教師と子どもたちがノビルの球根とスイセンの球根を間違えて食べて集団中毒になったと、全国版ニュースで言ってました。オソロシ。