インパクト勝負の毛虫フライ|フォーム毛虫

虫って子どもの頃は好きだった人が多いのではないでしょうか、特に男子なら。大人になると嫌いになる人も多いけど。
私は田舎生まれの田舎育ちなのでカブトムシやクワガタ、トンボやバッタなんかも捕って遊んでました。最近は見かけなくなっちゃいましたが、実家の目の前の田んぼでは普通にホタルが飛んでいました。

ただ、全ての虫が好きだったかというとそんなことはなく、苦手なやつもいました。
蝶々はまだ大丈夫ですが、一番苦手なのは蛾ですね。そしてその幼虫の毛虫。派手な色のマイマイガみたいなやつは見ただけでゾっとする(>_<)

だけど、毛虫類はボリュームがあって渓魚たちにとってはとても良い餌なんだろうな。
毛虫っぽいフライを巻いてみます。

毛虫フライ試作1 – ADW毛虫。

◎フック:TMC100SP-BL#12
◎スレッド:8/0(ブラック)
◎ボディー:エアロドライウイング(イエロー)
◎ボディーハックル:コックネック(ブラック)
◎ウイング:エアロドライウイング(イエロー)

160819ADW毛虫01 160819ADW毛虫03
ブラックのスレッドで下巻き。
ブラックのコックネックとエアロドライウイング(ADW)を取り付けます。

160819ADW毛虫04 160819ADW毛虫05
ADWでウイングポストを巻きます。この工程の詳細はこちらへ。
ボディーにADWを巻き付けてスレッドで固定。

160819ADW毛虫06 160819ADW毛虫07
アイに向かって2mmくらいの間隔でボディーハックルを巻きます。
ウイングを適度が長さにカットしたら完成。

これ、ちゃんと浮くのかな。
水に上から落としてみたら、ADWにぶら下がるような形でなんとか浮いてるけど、川ではすぐ沈んじゃいそうな感じ。
もっと全体がぽっかり浮くかと思ったけど、これは失敗だな。

続いて別のパターンを。

毛虫フライ試作2 – フライフォーム毛虫。

◎フック:TMC100SP-BL#12
◎スレッド:8/0(イエロー)
◎ボディー:Caps フライフォームII(SS・グレー)
◎ボディーハックル:コックネック(ブラック)

160819フォーム毛虫01 160819フォーム毛虫02
イエローのスレッドで下巻き。
ブラックのコックネックを取り付けます。

160819フォーム毛虫03 160819フォーム毛虫04
沈まないフライを考察した時に使ったフォームを取り付けます。
アイに向かってスレッドを2mm位の間隔で巻き、体節を作ります。

160819フォーム毛虫05 160819フォーム毛虫06
スレッドで巻いた位置をなぞるようにボディーハックルを巻きます。
余分なフォームをカットしたら完成。
頭側はインジケーター(目印)としてよく見えるように長いまま。

今度は水に浮くだろうか。

上から水に落としてみると、少しお尻側が沈んだ状態で浮きました。これでも浮力は弱め。
ボディーをダビングしてからフォームを取り付けた方が良かったか。

160819フォーム毛虫07
お尻側のフォームも長めに残してみたら、水平姿勢で浮きました。
こんなんでイワナがくいついてくれるだろうか。まぁ、実戦で試してみます。
太いティペットで投げた方が良さそう。

こうやってみると、ハックルがちょっと長すぎかな。

もっとハックルを密に巻いて、結局グリフィスナットの大型版を作った方が良いのかなぁ。
毛虫フライは夏場にはかなり釣れそうな感じなんだけど、視認性をどうやって確保するのかが難しいところ。夏場に使うつもりがもう秋になっちゃってるし・・・
いろいろ考えてると、最終的にエルクヘアカディスの形になっちゃうような気がする(笑)

スポンサーリンク

フォローする

Googleのおすすめコンテンツ。
Googleさんが選んでくれたおすすめ記事

『インパクト勝負の毛虫フライ|フォーム毛虫』へのコメント

  1. 名前:kuni 投稿日:2016/09/16(金) 21:41:35 ID:f21316f7b 返信

    1本目のフライの体裁でカーブドシャンクのフックに巻いて、ヘッドにCDCを2枚ほどザックリと巻いてやると水面下に『毛虫部分』が沈んでCDCからぶら下がるようなフライができますよ。
    タイイングも簡単だし、お試しください。^^

    • 名前:リコプテラ 投稿日:2016/09/17(土) 19:53:28 ID:b36ed723b 返信

      kuniさん、こんばんは。
      なるほどー、カーブシャンクのフックに巻けば良かったんですね(^_^)
      毛虫を水平に浮かせようとばかり思ってましたが、そうかボディーは水中で良いんだ。ありがとうございます!
      さっそく巻いて、実戦で使ってみたいです。夏に使いたかったフライですが、秋でも釣れるかな。今シーズンは渓流に行けるのはあと数回…なんだか寂しくなります。