きのこをトマト味で|ウラベニホテイシメジと鶏肉のトマト煮

キノコは種類にもよるけど、鍋物、煮物、炒め物、和え物、炊きこみご飯などいろんな料理に使えますね。だけど、キノコ狩りシーズンに連日キノコを食べていると少々飽きてきて、味のバリエーションが欲しくなってきます。
今回はちょっとイタリアンの雰囲気も漂うトマト煮をつくります。

150912ウラベニホテイシメジ
今回のキノコはウラベニホテイシメジ。詳しくはこちら

ウラベニホテイシメジと鶏肉のトマト煮

  • ウラベニホテイシメジ…100g
  • 玉ねぎ…小1個
  • ニンニク…1かけ
  • 鶏もも肉…1枚
  • オリーブオイル…小さじ1
  • パセリ… 少々
  • ホールトマト缶…1缶(230g)
  • 固形ブイヨン…1個
  • 塩…小さじ1/2
  • コショウ…少々

161004%e3%82%a6%e3%83%a9%e3%83%98%e3%82%99%e3%83%8b%e3%83%88%e3%83%9e%e3%83%88%e7%85%ae06 161004%e3%82%a6%e3%83%a9%e3%83%98%e3%82%99%e3%83%8b%e3%83%88%e3%83%9e%e3%83%88%e7%85%ae05
ウラベニホテイシメジは下茹でして洗い、食べやすい大きさに切ります。
鶏もも肉は食べやすい大きさに切って、玉ねぎ小1個、ニンニク1片をみじん切りに。パセリは粗めのみじん切りにします。

最大のこだわりは、生パセリ。もっと少量で売ってくれないかな。

161004%e3%82%a6%e3%83%a9%e3%83%98%e3%82%99%e3%83%8b%e3%83%88%e3%83%9e%e3%83%88%e7%85%ae02 161004%e3%82%a6%e3%83%a9%e3%83%98%e3%82%99%e3%83%8b%e3%83%88%e3%83%9e%e3%83%88%e7%85%ae03
パセリってこんな量で売ってるから困るんですよね。今回使ったのはほんのちょっと(笑)
ドライパセリでもいいんですが、色味がイマイチなので、生にこだわってみました。

161004%e3%82%a6%e3%83%a9%e3%83%98%e3%82%99%e3%83%8b%e3%83%88%e3%83%9e%e3%83%88%e7%85%ae08 161004%e3%82%a6%e3%83%a9%e3%83%98%e3%82%99%e3%83%8b%e3%83%88%e3%83%9e%e3%83%88%e7%85%ae09
フライパンにオリーブオイル小さじ1を引いて熱し、皮目をこんがり焼きます。裏面も焼いて火を通し、一旦取り出します。
同じフライパンで玉ねぎとニンニクのみじん切りを炒めます。

161004%e3%82%a6%e3%83%a9%e3%83%98%e3%82%99%e3%83%8b%e3%83%88%e3%83%9e%e3%83%88%e7%85%ae10 161004%e3%82%a6%e3%83%a9%e3%83%98%e3%82%99%e3%83%8b%e3%83%88%e3%83%9e%e3%83%88%e7%85%ae11
玉ねぎが透き通ったらウラベニホテイシメジを入れて炒め、鶏肉も戻します。

トマト味は偉大。何を煮てもうまくなっちゃう。

161004%e3%82%a6%e3%83%a9%e3%83%98%e3%82%99%e3%83%8b%e3%83%88%e3%83%9e%e3%83%88%e7%85%ae01 161004%e3%82%a6%e3%83%a9%e3%83%98%e3%82%99%e3%83%8b%e3%83%88%e3%83%9e%e3%83%88%e7%85%ae07
ホールトマト一缶(230gのもの)と固形ブイヨン1個を入れます。
固形ブイヨンがなければコンソメ小さじ1でもOK。

161004%e3%82%a6%e3%83%a9%e3%83%98%e3%82%99%e3%83%8b%e3%83%88%e3%83%9e%e3%83%88%e7%85%ae12 161004%e3%82%a6%e3%83%a9%e3%83%98%e3%82%99%e3%83%8b%e3%83%88%e3%83%9e%e3%83%88%e7%85%ae13
塩小さじ1、コショウ少々を入れて10分くらい煮込みます。

161004%e3%82%a6%e3%83%a9%e3%83%98%e3%82%99%e3%83%8b%e3%83%88%e3%83%9e%e3%83%88%e7%85%ae15
皿に盛って粗みじん切りにしたパセリを散らしたら完成です。

キノコ、鶏肉、トマト味の組み合わせは最高ですね!抜群にうまいです!
キノコは市販されているブナシメジ、エリンギ、シイタケなんかでも良いと思います。ぜひ、お試しを。サッパリとパクパク食べられるし、体が温まります。
生のパセリを使った甲斐があって色味も香りもいいですよ。
トマト味の煮込みって、カレーと同じくらい失敗しない気がする。トマト味なら何を煮込んでもうまくなっちゃう(^_^)

余ったパセリの使い道。お浸しが意外とイケる。

ちょっとだけ使いたいけど、少量で売ってないものってありますよね。
今回のパセリや大葉なんかがその代表。
大葉はまだいろいろ使い道があるけど、パセリはなぁ。そもそも飲食店でも飾りとしてしか使われてないもん。

余ったパセリは天ぷらにしてもなかなかイケますが、今年の初めに訪れた本山そばの里ではパセリのお浸しを出してくれました。それが意外とうまかったんです。
パセリをさっと茹でて水にさらして絞り、適当に切ってから少量の醤油と練り辛子で和えるだけ。
写真撮り忘れたけど。

きのこ料理シリーズはまだ続きます(笑)

『きのこをトマト味で|ウラベニホテイシメジと鶏肉のトマト煮』へのコメント

  1. 名前:aki 投稿日:2016/10/27(木) 18:27:09 ID:1defef2f3 返信

    パセリの緑がトマトの赤に映えて美味しそうですね。
    パセリのお浸しなんていうのがあるんですね!
    どんな味なんだろう…

    • 名前:リコプテラ 投稿日:2016/10/29(土) 22:16:27 ID:0d98cc156 返信

      akiさん、こんばんは。
      この生パセリにこだわったのでうれしいです。
      見た目も良いですが、味もやはり乾燥パセリよりはるかにうまいですね。大量に余っちゃうのが問題なのですが(笑)
      パセリのお浸しは、風味満点で結構イケるんですよ。ただ、そもそもパセリやセロリなど香味野菜が苦手な人は無理かもしれません。

  2. 名前:Nori1022 投稿日:2016/10/27(木) 22:12:46 ID:a3da27190 返信

    僕のカレーは必ずホールトマト入れますね。
    トマトとキノコのアミノ酸は使うべし(笑)
    貝のコハク酸とか魚のイノシン酸まで考えるとアクアパッツァは良く出来てる。

    • 名前:リコプテラ 投稿日:2016/10/29(土) 22:21:45 ID:0d98cc156 返信

      Nori1022さん、こんばんは。
      私はカレーにトマト入れ始めたのは、やっと今年になってからなんです(笑)
      トマトとキノコ、いい組み合わせですよね。
      アミノ酸とかイノシン酸はよく聞きますが、貝にはコハク酸ってのが含まれてるんですか。独特のうま味ですね。
      アクアパッツァ、確かにうまみ成分たっぷりですね。なんだか食べたくなってきました(^_^)

  3. 名前:kuni 投稿日:2016/10/28(金) 18:45:18 ID:9edea9cf6 返信

    ボクがフィールドで初めて作った料理らしい料理は、ホールトマトの缶詰を使ったスープスパだったと思います。^^

    パセリは自宅で栽培ですね。
    子どもの頃、実家の庭に植わっていたのを思い出します。
    もちろん、ドサッとできるんだけど・・・(笑)

    • 名前:リコプテラ 投稿日:2016/10/29(土) 22:25:29 ID:0d98cc156 返信

      kuniさん、こんばんは。
      トマト缶って便利なんですよね。季節によっては生トマトより安いし。
      パセリ自宅栽培ですか。それは良さそう!
      実家の畑で作っちゃおうかな。でも、ドサッとは困るからベランダでちょこっと栽培できないかな。
      薬味野菜、いろいろベランダ栽培できると便利なんですけどねー(^_^)

  4. 名前:ハックル 投稿日:2016/10/28(金) 18:53:53 ID:30cd94129 返信

    こんばんは。
    いつも流石だと指をくわえて見ているだけですが、先日のキノコの大根おろしあえにシラスを加える、これなら出来るので早速やった見ました美味しかったですね、さっそくムキタケとチャナメと畑からダイコンとネギを抜いて、一人暮らしの松本の姉の家に行って作ってやりました、昆布だしつゆで喜ばれましたよ!

    • 名前:リコプテラ 投稿日:2016/10/29(土) 22:30:04 ID:0d98cc156 返信

      ハックルさん、こんばんは。
      シラス和え、試してもらえましたか。美味しかったならうれしいです(^_^)
      昆布だしつゆに、ムキタケとチャナメなら、ちょっと高級な仕上がりですね。私は今年はムキタケは採れませんでした。ムキタケもチャナメもうまいですよねー。
      今年は冬の訪れが早そうですね。寒いの苦手なので、早くも春が待ち遠しいです。