全然うまそうに見えないけどうまいのだ|コウタケの煮物

先日、キノコを保存する5つの方法について書きました。
その中で、長期保存ができてうまみ成分も栄養価もアップする乾燥保存。
その乾燥保存に向いているキノコの代表が、シイタケとコウタケです。

160921%e6%a8%aa%e5%b7%9d%e3%82%b3%e3%82%a6%e3%82%bf%e3%82%b101 160930%e3%82%b3%e3%82%a6%e3%82%bf%e3%82%b1
これですね、コウタケ。傘にトゲトゲのある不思議な形。

160923%e3%82%b3%e3%82%a6%e3%82%bf%e3%82%b1%e5%b9%b2%e3%81%9704 161001%e3%82%b3%e3%82%a6%e3%82%bf%e3%82%b1%e3%81%ae%e7%85%ae%e7%89%a901
こんな感じに適当な大きさに裂いて干しますが、昨年丸ごと干しておいたものがまだ残っていたので(写真2枚目)、それも加えて試しに少し煮物にしてみます。
年末年始にたくさん煮る予定なので、今回はその予行演習です。

コウタケの煮物

  • コウタケ…乾燥状態で50g
  • 厚揚げ…2枚
  • 醤油…大さじ3
  • 日本酒…大さじ3
  • 砂糖…大さじ2
  • みりん…大さじ1
  • だし汁…500cc

ぬるま湯でしっかり戻し、きれいに洗う。これが重要。

161001%e3%82%b3%e3%82%a6%e3%82%bf%e3%82%b1%e3%81%ae%e7%85%ae%e7%89%a902 161001%e3%82%b3%e3%82%a6%e3%82%bf%e3%82%b1%e3%81%ae%e7%85%ae%e7%89%a903
まず、ぬるま湯で戻します。
丸のまま干したものは固くてなかなか戻らないので、やはり干すときには縦に裂いて細くした方がいいですね。
水が黒くなってくるので、一旦捨てます。

161001%e3%82%b3%e3%82%a6%e3%82%bf%e3%82%b1%e3%81%ae%e7%85%ae%e7%89%a905 161001%e3%82%b3%e3%82%a6%e3%82%bf%e3%82%b1%e3%81%ae%e7%85%ae%e7%89%a904
そしてもう一度ぬるま湯で戻して、黒くなった水を捨てます。
その後コウタケをしっかり洗います。
コウタケは干す前に洗ったりしないので、この段階できれいに洗った方がいいですね。窪んだ傘の根元あたりに土などが不着していることもあるので。
ここまでの下処理をしっかりやらないと、苦味が出たりするので要注意。

コウタケからしみ出す旨みと黒色。

161001%e3%82%b3%e3%82%a6%e3%82%bf%e3%82%b1%e3%81%ae%e7%85%ae%e7%89%a906 161001%e3%82%b3%e3%82%a6%e3%82%bf%e3%82%b1%e3%81%ae%e7%85%ae%e7%89%a907
だし汁500ccにコウタケを入れて、水から煮ます。すでに醤油を入れたような色ですね(笑)

161001%e3%82%b3%e3%82%a6%e3%82%bf%e3%82%b1%e3%81%ae%e7%85%ae%e7%89%a908 161001%e3%82%b3%e3%82%a6%e3%82%bf%e3%82%b1%e3%81%ae%e7%85%ae%e7%89%a909
厚揚げがあったので、一緒に煮てみます。今回はにんじんと昆布のみじん切りが入っているやつです。これ、なんていう名前なのか知らないけど。
コウタケが煮え立ったら、適当な大きさに切った厚揚げを入れます。
醤油大さじ3、日本酒大さじ3、砂糖大さじ2、みりん大さじ1も加えて煮ます。

161001%e3%82%b3%e3%82%a6%e3%82%bf%e3%82%b1%e3%81%ae%e7%85%ae%e7%89%a910 161001%e3%82%b3%e3%82%a6%e3%82%bf%e3%82%b1%e3%81%ae%e7%85%ae%e7%89%a911
再沸騰してきたら、アクをすくい取り、落としぶたをして煮ます。
落としぶたは、真ん中に穴を開けたアルミホイルでもOKです。

161001%e3%82%b3%e3%82%a6%e3%82%bf%e3%82%b1%e3%81%ae%e7%85%ae%e7%89%a912
煮えたら、そのまま一旦冷まします。何度も書いてますが、煮物は冷める段階で味が染みます。食べる時に温め直しても良いし、そのままでもおいしいです。

うまそうに見えない。だけど、うまい!

161001%e3%82%b3%e3%82%a6%e3%82%bf%e3%82%b1%e3%81%ae%e7%85%ae%e7%89%a913
できましたー!
ちょっと皿に盛ってみましたが、厚揚げも真っ黒けになっちゃって、全然うまそうに見えない(笑)。これだけうまそうに見えない料理も珍しいな。
でも、食べるとうまいんですよ。
コウタケはコリコリした歯応えと、旨みたっぷりでうまいですよー。それに香茸と書くだけあって良い香りもします。
シイタケとはまた別の旨みですね。

コウタケはやっぱりそれだけで煮た方が良いのかも。他のものを入れてももちろんうまいんだけど、全ての食材が真っ黒になっちゃって結局「うまそう」には見えないから(^_^;)

スポンサーリンク

フォローする

Googleのおすすめコンテンツ。
Googleさんが選んでくれたおすすめ記事

『全然うまそうに見えないけどうまいのだ|コウタケの煮物』へのコメント

  1. 名前:Nori1022 投稿日:2016/11/23(水) 15:50:54 ID:d140d7500 返信

    一瞬ビーフジャーキー作られたのかなと思いました(笑)
    色々なキノコがあってそれを見分けてそれぞれに合った調理して凄いですね。

    • 名前:リコプテラ 投稿日:2016/11/24(木) 11:08:57 ID:ee1291e32 返信

      Nori1022さん、こんにちは。
      確かにビーフジャーキーにも見えますね(笑)
      燻製作りには良い季節になってきたので、ビーフジャーキーも作りたくなりました。
      天然きのこは本当にうまいので、その点は山国に生まれ育って良かったなと思います。海の近くにも住みたいですけど(^_^)

  2. 名前:ハックル 投稿日:2016/11/23(水) 18:46:06 ID:829068f28 返信

    こんばんは。
    そうですね、コウタケはそれだけで甘辛く煮付けたものが一番いいと言われますが、知らない人は香りが強いので敬遠するかもしれませんが、子供の頃、何故か「ちぐすり」と言っておふくろが食べていましたね、キノコご飯でもちょっと香りが強すぎるきらいがあり、乾燥クリタケに少し香り付けに入れたのが喜ばれました。

    • 名前:リコプテラ 投稿日:2016/11/24(木) 11:12:14 ID:ee1291e32 返信

      ハックルさん、こんにちは。
      コウタケは他の食材も真っ黒に染めてしまうので、単独で煮るのが良さそうですね。
      シイタケもあの匂いがイヤだという人もいるくらいですから、コウタケの香りも好き嫌いがあるのかもしれませんね。私は香りも味も大好きですが。
      「ちぐすり」・・・初めて聞く言葉です。語源が気になります。
      クリタケと一緒に炊きこみご飯はいいですねー。

  3. 名前:kuni 投稿日:2016/11/23(水) 20:08:58 ID:5bf8bd2f7 返信

    ボクは干ししいたけの煮物が結構好物なので、この写真見て「旨そう」と思えるタイプの人間です。(笑)
    (kuni)

    • 名前:リコプテラ 投稿日:2016/11/24(木) 11:15:01 ID:ee1291e32 返信

      kuniさん、こんにちは。
      干しシイタケは旨みが凝縮されていてうまいですよねー。私も好きです。
      シイタケの干した物は、良いのだと結構いいお値段しますよね。
      確かに、シイタケの煮物がうまいと脳内に刷り込まれていれば、この写真もうまそうに見えるかも(笑)
      干しコウタケの煮物も、きっと気に入ってもらえる味だと思います。