漁協さん、しっかりして下さいね|天竜川漁協 支部総会に潜入

1月31日に天竜川漁協 三区の支部総会が開かれました。
組合員になってから初めて出席してみることにしました。
漁協は謎が多いので、どんな組織なのか概要くらいは知っておいた方が良いと思ったので。

と、その前にちょっと別の漁協の話を。

犀川殖産漁協のホームページで、入漁料が間違っていた件。

161014%e7%8a%80%e5%b7%9d%e3%83%8b%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%9e%e3%82%b906

昨年(2016年)の11月19日付記事で、犀川のニジマスとブラウントラウトについて長野県に問い合わせした件を書きました。


その時のやりとりは、長野県のサイトにも掲載されています(こちら)。
その中で、犀川殖産漁協の遊漁料など、古い間違った内容が載っているので修正した方が良いと伝えました。
問い合わせしたのが11月8日、回答をもらったのが11月14日。

(1)犀川殖産漁協のホームページについて
確認しましたところ、変更前の遊漁料が掲載されておりましたので、常に新しい情報を提供するようホームページの管理を徹底するとともに、サーバの管理など、遊漁者の皆様によりわかりやすい情報の提供を行うため検討するよう、犀川殖産漁協へお願い致しました。犀川殖産漁協からは、早速新しい情報に修正し、ホームページの管理について御検討いただく旨の回答をいただきました。

と回答をもらったので、いつ直るのだろうかと時々チェックしてましたが、全然修正されません。
「早速新しい情報に修正し・・・」と漁協から回答を得ているようだけど、「早速」ってこんなに時間がかかるの?

161014%e7%8a%80%e5%b7%9d01

結局、年内には修正させず、年が明けて1月10日にさすがに気の長い(実は気が短いけど忍耐力がある笑)私でも、これはいくら何でもおかしいだろうと、犀川殖産漁協に直接電話してみましたが、誰も出ず(後で確認すると奇数日しか人がいないとか)。
仕方なく、もう一度県の担当部署に電話を掛けました。
前回問い合わせた時は、項目がいくつもあったのでメールフォームにしましたが、要件が一つの場合は電話の方が話が早い。

「回答いただいてからもう2ヶ月が経過しようとしてますが、まだ間違った料金が載っていますよ」と伝えると、
「そうなんですか?」と、全く困った漁協だと言わんばかりに苦笑混じりで。
いや、確かに苦笑したくなるのはわかるけど、漁協にお願いしただけでそれ以後はチェックしてなかったんですよね、あなたは。それじゃ困りますよ。

市民から指摘のあったことに対して、指導して回答すれば仕事が終わりだと勘違いしてません? 問題点がちゃんと改善されなきゃ意味ないでしょ。
「もう一度、修正するように伝えます」と担当者が言うので、
「料金は一番間違えちゃいけない部分だと思うので、早急に修正した方が良いと思いますよ」と伝えて電話を切りました。

これで直らなきゃ、もう知らないよ。そもそも地元でもない漁協のことだから、そんなに心配してあげる必要もないんだけど。
間違った情報(特に重要な料金)を載せていてそれに気付かないのも問題だけど、間違っていると指摘されても2ヶ月も放置。
自分たちにとって不利益にしかならない状態を放置できる神経が知れない。

1/18に確認したら、やっと直ってた(犀川殖産漁協ホームページはこちら)。
やる気があればすぐできるんじゃん。相変わらず料金は漁業規則のPDFの中にしか書いてないんだけど。
料金や遊漁区域については、ページを繰って見つけなきゃいけないようなPDFじゃなくて、もっとわかりやすく載せた方が良いと言っているのに、ほんとにもぉ。
まぁ、間違いは訂正されたので最低限は良しとしよう。
長野県も犀川殖産漁協も、もっとしっかりしてもらいたいです。

天竜川漁協はまともな組織であることを願って。

天竜川漁協は犀川殖産漁協よりまともであることを祈って、夕方漁業会館へと向かいます。
支部総会は午後6時30分からです。
タイトルは「潜入」になってるけど、別にこっそり忍び込んだわけじゃないよ(笑)
出席の権利があるから普通に出席しただけですよ。


日が暮れた天竜川の向こう側には中央アルプス、その上空には月と火星が競演していました。
この時間になると風も出て来て、寒い寒い。

天竜川漁協(上伊那地区)は、6つの支部に分かれていて、私が住んでいる伊那市は3区ということになります。今日はその3区の総会です。


一般の組合員を含めた総会の前に、総代(理事)と呼ばれる人たちでなんだか会議?をやってました。今回組合員の腕章と証券が新しくなるということで、たぶんその説明なんだと思う。
3区の総代だけで30人くらいいます。ほぼお爺さんたち。
総代って区をさらに細分化して、その代表のこと。
こんなにたくさん必要なの、総代って。

予定より20分ほど遅れて、私たち一般組合員も含めた総会が始まる。

一般組合員で参加したのは20人くらいかな。総代より少ない(笑)
組合長も参加予定だったけど、所用により欠席とか。その時点でいやな予感しかしない。

まず、決算報告や活動内容の資料が配られたんだけど、バラバラにプリントしてあったものをその場で丁合して渡し始めた。あらかじめホッチキスで綴じておけばいいのに。
さらに、人数分プリントがなくて、後から来た人たちには
「枚数がないから、二人で見て下さい」とか。何なの、この準備不足は。

その上、
「決算報告書の数字が何箇所か間違っているので、今ここでそれぞれ訂正して下さい」
なんですか、それ。アホなんですか。

★2/4追記:
コメントにて、「そこにいた1人」さんからご指摘いただきました。
数字が間違っていたのは、決算書ではなく予算書の方でした。勘違いしていました、申しわけありません。
予算書の繰越金と収入合計額が間違っていて、手書きで修正するように求められました。

会が始まり、活動内容と決算報告を読み上げ
「それでは決算報告の質疑応答です」
なんだかこの決算報告書、不可解な点が多数あるな。
「質疑のある方いらっしゃるでしょうか」と言うのかと思っていたら。
「質疑がなければ、拍手をもって賛同という形でお願いします」
パチパチパチ。
え? 質問するタイミングを失った(T_T)
あれ?みんなは何も疑問質問がないの?

「それでは2017年度の予算案です」とまた数字を棒読みして、
「それでは予算案の質疑応答です」
よし、今度こそ質問するぞ。
手を挙げて、「はい、質問ありまーす」と。
330,000円と計上されている河川管理費の摘要欄に『監視ガソリン代』と書かれているので、この数字には監視員の報酬も含まれているのか聞いてみた。
含まれているというので、監視員は何人いて、どのような体系で払われているのか聞いた。
監視員っていうのは、釣り券を購入せずに釣りをしている人を見回って、現場券を売り歩く人のことですよ。本来はルール違反をしている人に注意したりもするんだと思うけど、実質釣り券を持っているか確認しているだけ。

監視員は3人で、単純に330,000円を3分割して払っているということだった。
監視員って3人しかいないの?
この広い管内を3人で見回るとは、どうりで川で全く監視員に行き会わないわけだ。本流で釣り券持たずにブラックバス釣ってる連中はうじゃうじゃいるし。
監視員は、現場券を売った分だけ、その何%か貰えるような言わば歩合制なのかと思ったら、そうじゃない。
どこをどの程度見回るかは本人任せ。これじゃぁなぁ。
それに対して意見を言おうかと思ったけど、今回は事実確認だけにして、次回はたっぷり意見を言おう(笑)

★2/4追記:
監視員についての記載は、私は3区管内に3人と理解して書いていますが、誤解を招きそうなので追記しておきます。3区管内に3人で全6支部あるので、単純計算で漁協全体では監視員は18人ということになります。
ただし、もっとも組合員数の多い3区が3人だからといって、他の支部にも3人ずついるかどうかはわかりません。
支部長に確認してみましたが、他の支部のことは分からないと・・・支部同士の情報交換とかしないんですかね(苦笑)

その後は他の人からも質問や意見が。

  • 年会費は基本口座引き落としになっているんだけど、未だに集金している組合員がかなりの割合でいるらしい。そのために総代に集金手当を払っていることに対する指摘。
    それは私も、全組合員口座引き落としにすべきだと思う。
  • 役員研修費と計上されているけど、どのような研修をしているのか、という質問。
    これには「3年に一度研修旅行をしています」と役員が答えた。
    質問者はそれで納得したようだけど、あれれ? 研修旅行ってどこにどんな研修をしに行っているのか聞かなくていいの? 怪しいよね、これ。
  • 釣り券を買わずに釣りをしている人の割合が高いので、現場売りをなくして「監視員が来たら払う」という言い訳ができなくした方が良いという意見。
    これはどうなんだろう。言い訳ができなくしたところで、その連中は「注意されたらやめればいいだろう」くらいにしか思ってないんじゃないかな。
    そもそも監視員が3人しかいないんじゃムリだから、監視員ってのやめて、組合員でやる気のある人に現場売りの券を持たせておいて、券を持っていない人に売った方がいいんじゃないの。そして、売った分の何%かは販売者の報酬にすれば。
    組合員が釣りをしている時に、釣り券持たない人に一番出会う確率高いんだから。

いずれも役員は乗り気じゃない様子だったけど、ともかく漁協本体へ意見くらいは上げて欲しいと言う総代の人がいたので、役員もそれに応じた格好で総会は終了となった。

懇親会が開かれる。

総会が終わると、懇親会が開かれました。これもちょっと興味があったので、1回くらい参加してみるのもいいだろう。
ビールと日本酒にウーロン茶、おでん、焼き鳥、にぎり鮨。なかなか豪勢だな。
とは言え、年1回の総会費が予算計上120,000円、決算額103,832円となっているけど、どう見てもそこまではお金かかってないような気がする。他にお金かかってるのは例の報告書のコピーだけでしょ。怪しいね、これも。
私は、狩猟もやっているという人が前に座っていたので、狩猟について根掘り葉掘り聞いて楽しい時間が過ごせたし満腹になったので感謝はするけど。ビールと鮨で買収されたか(笑)

ともかく、初めて出席してますます謎が深まったので、来年はいろいろと疑問点を追求させてもらおう。だって、おかしな点がいろいろあるんだもん。
でも、漁協自体の問題は支部の中の議論じゃなくて、漁協の首脳陣がいる場で議論しないと。
漁協全体の総会ってないのかな。ないわけないよね。でもそれは総代しか出席できないんだろうな、きっと。一般組合員には何の通知も来ないから。

ともかく漁協全体の決算書くらいは見たい。
これって組合員にすら報告がないけど、ホームページで公表してくれればいいのに。というか、公表すべきじゃないの。
組合員だけじゃなくて、年券や日釣り券を買っている人だって、払ったお金がどのように使われているか知りたいはず。

160825与田切川07イワナ1

組合員の数にビックリ!

3区だけでも総代が30人もいるなら、一般の組合員は何人いるのかな?
後日、漁協に問い合わせてみた。
すると、3区だけで、なんと約800人もいるんだとか!
えー、そんなにいるの。3区は一番大所帯らしいけど。
漁協全体では、2,656人だそうです。
私の予想をはるかに上回る数字でした。年度賦課金(年会費みたいなもの)だけでもかなりな収入だぞ、これは。4,500円×2,656人=11,952,000円!
さらに、年券、日釣り券、県からの補助なんかを加えると・・・
お金は潤沢にあるみたいだから、もっとしっかりした運営できるよね。

海(一部川でも)で漁師を本職にしている人たちの漁協はもちろんちゃんとした組織になっていると思うけど、ここ天竜川のように今では漁で生活している人がいない内水面の漁協ってなんか謎の組織なんだよね。
その謎の解明を今後シリーズ化しよう(笑)

こんなことブログに書くと、漁協から要注意人物だとマークされそうだな。
言っておきますが、私はクレーマーではないので安心して下さい(笑)
私はただ、川を独占的に管理している漁協さんに、ちゃんと川や魚や釣り人のことを考えて運営してもらいたいだけです。

★2/4追記:
謎の組織、内水面漁協をもっとよく知るために、監視員になれないものか支部長に電話してみました。
支部長もどうしたら監視員になれるのか把握していないようで、組合長の指名が必要なはずとか、支部とは別に監視委員会という組織があるとか、任期は支部役員とは違っていたようなとか、ともかく組合長に聞いて連絡くれることに。
新たに監視委員会という謎の組織が登場した(笑)
こちらは、完全ボランティアでもやらせてくれるならやりますよ、というスタンスなんですが、果たしてどのような回答がくるでしょうか。総代しかできないなんてことないよね?
監視員をやってみれば、もっと効果的な方法が具体的に提案できそうな気がします。
それに、今までルール無用の釣り人を見かけても、イマイチ注意しにくかったのですが、監視員という肩書きがあれば毅然と対応できるし。

★2/17追記:
知人を通して、漁協内でこのブログ記事が問題になっていると聞きました(笑)
「話題」ではなく「問題」になっちゃってるの? まぁ、いいですけど。
漁協執行部の皆さん、私が疑問に感じたことに対する反論や説明などありましたら、遠慮なくコメント欄に書き込んで下さい。
内容に誤りがあれば、随時修正や追加記載の対応をいたします。

改めて私のスタンスを明記しておきます。

  • 支部を含め、漁協の運営方法はもっと効率的で費用対効果のある方法にできないものかと考えています。過去も含め、現在の役員さんたちの責任追及をするというような考えは全くありません。私が興味あるのは『今後』についてです。
  • 漁協本体の収支内訳の詳細が見たいです。
    黒字であれば利益の有効活用を、赤字であれば組合員みんなでアイディアを出し合って黒字化に向けた運営方法検討したいです。
  • 天竜川漁協の組合員として、天竜川(本、支流)の環境保全、魚の棲息状況の調査とそれを受けての的確な放流事業、ルールとマナーの啓蒙、全国に誇れるような魅力的な川になるような活動をしたい。

★2/20追記:
この記事へのアクセスが落ち着いて、やっと週間ベストテン圏外になると思っていたら、愛知工業大学経営学部の石垣教授のサイトからリンクしていただき、期せずしてまたアクセスが上がっちゃった(苦笑)
まぁ、なんらかの議論のきっかけになればうれしく思います。
石垣教授は、フロロカーボンの単糸を用いたレベルライン釣法の第一人者で、テンカラの世界では“テンカラ大王”と呼ばれてSHIMANOでテンカラ竿のプロデュースをされたりもしています。
160526テンカラライン
昨年初めてのテンカラ釣りの時に使ったFUJINO テンカラストレートライン楽天で見るアマゾンで見る)をプロデュースされた方でもあります。

私はたまたま犀川で一度お目にかかったことがありますが、その時は犀川本流をテンカラで釣るというのを聞いて不思議なオッチャンだと思った記憶があります(笑)その人がテンカラ大王だったと知ったのは後になってからでした。
こちらの動画を見れば、どんな釣りをされている方か、そしてテンカラ釣りに対する情熱も良くわかります。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事
こちらの関連記事もおすすめです

『漁協さん、しっかりして下さいね|天竜川漁協 支部総会に潜入』へのコメント

  1. 名前:kuni 投稿日:2017/02/02(木) 21:51:47 ID:9be1df325 返信

    完全にクリーンな内情とは、絶対に思えないフシがたくさんありますよね。(笑)
    じゃんじゃん追求して、全国的に内水面の漁協さんの活性化に繋がれば良いと思います。

    あ、でも気を付けて下さいね。
    出る杭は打たれる・・・なんてことのないように。
    閉鎖的な集団こそ、そんなことがないとも限りませんもんね。

    • 名前:リコプテラ 投稿日:2017/02/04(土) 22:00:46 ID:54a3f9f33 返信

      kuniさん、こんばんは。
      あまりにも不透明な部分が多過ぎます(笑)
      そして総会の運営がグダグダ過ぎます。書類が参加者全員分ないとか、数字が間違っている書類を個々に修正して下さいというのには、あきれました。
      ご心配ありがとうございます。十分気を付けます。
      私は意外と打たれ強いのですが、あんまり叩かれるとホコリが出てくるかも(笑)

  2. 名前:七流釣師 投稿日:2017/02/02(木) 22:51:13 ID:c2b23ff19 返信

    うーん、興味津々なネタですが、後ろから刺されたりしませんよね(笑)
    利権の匂いがプンプンします。
    私は北安中部の準組合員(他府県在住者は組合員になれない)ですが、総会での議決権はありません。
    奈良の十津川漁協は組合員のなり方すら知りません。どこの漁協も閉鎖的という点では共通しているのでしょうね。

    • 名前:リコプテラ 投稿日:2017/02/04(土) 22:11:31 ID:54a3f9f33 返信

      七流釣師さん、こんばんは。
      もしそんなことがあれば、後ろめたい何かがある証拠ですね。
      暗い夜道には気を付けた方がいいですかね(笑)
      でも、私は剣道の心得があるので、心してかかって来た方が良いと思いますけども。
      今回総会に出席してみて、かなり前時代的で閉鎖的な組織だと感じました。
      私は組合員なので一応議決権があるんだと思いますが、議決以前にちゃんと意見を出し合ったり議論しようという姿勢がないんですよね(>_<)

  3. 名前:マンボウ 投稿日:2017/02/03(金) 00:21:54 ID:dc2dda343 返信

    こんばんは。
    面白いテーマですね。
    支部の決算書が漁協全体の決算書か分りませんが、証拠書類になる決算書内容に関する細部の質問と、最終版配布を正式書面として再配布する要求が、関係者には一番辛い事でしょうね。
    キチンとした決算書を出せないのか、出さないのか分りませんが、参加者に手書き修正を求める様なマトモナ決算書も出せない団体に、補助金や補償金を出す事自体が出す側の脱法行為。
    年度賦課金や釣券売上や補助金もさる事ながら、電力会社含めた巨額のダム関連補償金が無いんですかね、天竜川漁協は。
    しかし、役員の研修旅行程度は利権と追及する程の額ではないし、傀儡交渉相手になる役員が居なくなってしまったら役所や電力会社としては困ってしまうのかも知れませんね。

    • 名前:リコプテラ 投稿日:2017/02/04(土) 22:20:06 ID:54a3f9f33 返信

      マンボウさん、こんばんは。
      この前の「キャッチ&リリース」同様、触れてはいけない部分だったかも(笑)
      決算書は支部だけのものです。
      それと、すみまんせん、数字の間違いがあったのは決算書ではなく予算書でした。
      支部の収入は本部から降りてくるだけなので、漁協本体の決算書、収支内訳書を見たいんですが、現状どうしたら見せてもらえるのかわかりません。
      ダム補償金というものについては、知りませんでした。
      以前に七流釣師さんも「漁協の主な収入源であるはず」と書かれてましたし、他の漁協に入っているんであれば天竜川漁協も例外ではないと思うのですが・・・やはり漁協本体の決算書を見たいですね。

  4. 名前:ハックル70 投稿日:2017/02/03(金) 08:01:06 ID:1fa597f5d 返信

    おはようございます。
    以前からとても気になる問題ですが、アユなど釣れない時のオトリセンター土手に集まるスズメ達がよく口にする話のその多くは放流量と放流場所の問題ですね、役員の自宅近く、オラホーの川にもう少し多く・・・、私はアユをやめましたので組合員を脱退しました、組合員は賦課金という形で年5,000円拠出しなければなりません、雑魚でしたら年券5,000円なのです、出資金15,000円をすぐに支払われました、本来ならば総会が終了し決算に赤字が出ないことを確認して、あらかじめ脱退予告をされていた場合のみ支払うべきなんですが、この組織の組合員規定、定款などどうなっているのか不思議な団体です。

    • 名前:リコプテラ 投稿日:2017/02/04(土) 22:35:14 ID:54a3f9f33 返信

      ハックル70さん、こんばんは。
      組合員になれば、放流についてももっと詳細な報告があるのかと思ったら、何月何日アマゴ80kg、何月何日鮎150kgと事業報告書に書かれているだけでした。
      下っ端の組合員には、どの川に放流されたのかさえわからない全くのブラックボックスです。
      出資金については、天竜川漁協の場合はもっと謎です。
      ハックル70さんが書かれた通り、漁協を脱退する時には、出資証券を漁協に返納して出資金が返還されるのが普通だと思うんですが、なぜか漁協はそれをせず、組合員になりたい人がいたら組合員を辞めたい人を紹介して、証券の個人売買を勧めてくるんですよ。そしてその場合、大概、出資額に上乗せした金額を要求されます。
      私も仕方なく個人から証券を買い取って組合員になりました。そして、漁協に行ってお金を払って名義変更しなければいけません。
      こんなおかしな話あります? どんな仕組みなのかさっぱりわかりません(>_<)

  5. 名前:Nori1022 投稿日:2017/02/03(金) 20:39:03 ID:00f5ed022 返信

    こちら下流域はアマゴとかマジで放流されているのかどうかさえわからへん(笑)

    • 名前:リコプテラ 投稿日:2017/02/04(土) 22:48:06 ID:54a3f9f33 返信

      Nori1022さん、こんばんは。
      漁協の活動はチェックする機能がないんですよね。
      放流したと言われればそれを信じるしかない、そういう世界です。
      事業報告書にも何日に何を何kg放流と書かれているだけで、組合員であってもどこの川に放流したのかさえわからない。
      一般の釣り人が漁協に不信感をいだくのも無理はないと感じます。
      各河川の状況を調べて、限られた放流量をどこにどれだけ入れるか検討してくれていればいいんですが、あまり期待はできそうにありません。

  6. 名前:そこにいた1人 投稿日:2017/02/04(土) 06:55:47 ID:5c7ed4561 返信

    まず、間違えていたのは決算書ではなく
    予算案の繰越金でしたよ、決算書は間違いなくあってました。
    総会は年に最低2回はありますから費用も最低半分な感じなのかな?
    監視手当は3人の年俸でしょうから12ヶ月で割ったら一月一万円未満でかなり厳しい手当かと、総代も含めてボランティアな部分がないとできないでしょうね。
    3人の監視員は3区支部をまわる監視員で
    漁協全体ではかなりの数になるはずですよ
    6区ありますから。

    憶測でいかにもそれが正しいように書くのは
    読んだ方の誤解に繋がりますのでやめた方がいいと思いますよ、クレーマーではないと
    他の記事でも書いてますが自分が気づかないだけで周りから見たらクレーマーに見えてしまいます。
    外から見ただけの意見いうのでしたらご自身で監視員ぐらいやってみたらどうでしょう?
    ほんとに漁協にしっかりしてほしいと思うのは私も同感ですし。

    • 名前:リコプテラ 投稿日:2017/02/04(土) 22:59:51 ID:54a3f9f33 返信

      そこにいた1人さん、コメントありがとうございます。
      決算書ではなく予算案でしたね。すみません、勘違いしていました。
      本文にも追記訂正しました。

      総会は年2回以上開かれているんですか? 私のところには年1回の総会の案内しか来ませんし、28年度の事業報告書にも1回のみ記載されているだけですが。
      総代会や役員会というのは別途開催されているようですけれども。

      監視員3人は三区のみの話というのは承知しています。他の支部も3人ずついるのかは定かではないですが、単純計算で18人ですよね。

      私は、総代や監視員の方が報酬をもらいすぎているとか、ちゃんと仕事をしていないとは思っていませんが、そのような受け取られ方をしたとしたら、私の書き方がまずかったんだと思います。総代や監視員をされている方々にお詫び申し上げます。
      おっしゃる通り、ボランティア的な部分が多々あると思いますが、私は今のその仕組みや運営方法に問題があるんじゃないかと言いたかったのです。

      先日ウチに腕章と証券と届けてくれた総代さんも40件回るということで、ほんとうにご苦労だと思うと同時に、これをボランティア精神に頼っている漁協の運営にはやはり疑問を感じます。
      支部の収入は漁協から降りてくるものなので、その中で苦しい運営になってしまうのは数字を見ればわかりますが、漁協本体はどうなんでしょう。
      一般組合員に、漁協本体の決算書、収支内訳書を見られる機会はあるのでしょうか。総代なら見られるのでしょうか。

      監視員については、報酬の多寡は別にして、もっと効果的な仕組みにできないか議論が必要だと感じます。

      「憶測でいかにもそれが正しいように書く」とはどこの部分でしょうか。
      事実に反する部分があるのであれば、速やかに訂正します。
      自分の書いた記事を読み直しましたが「憶測」だと言われる部分は・・・

      監視員に関する「どこをどの程度見回るかは本人任せ」の記載でしょうか。
      もしかしたら、漁協側からどの地区をどのくらいの頻度で見回るようにと指示があるのでしょうか。それとも、本人がちゃんと活動報告書のようなものを提出してチェックされているのでしょうか。

      他に「憶測」と言われそうなのは、研修旅行について「怪しい」と書いた点でしょうか。
      でもこれはほんとに怪しくありません?(笑)
      研修旅行ではなくて慰労旅行ではないでしょうか。本当に何か研修をされているなら、お詫びして訂正します。

      それとも「お金は潤沢にあるみたいだから」の部分でしょうか。
      これは本当に憶測です。上でマンボウさんが書かれているように、ダム補償金というものが天竜川漁協に入っているんであれば、他の収入と合わせるとかなりの額になりそうですが。
      やはり漁協本体の決算書を見て、適切に運用されているのか確認したいですね。

      「外から見ただけの意見・・・」とのことですが、私も組合員のはしくれなので、内部の人間としての意見のつもりだったのですが・・・監視員をやったことのある人しか監視員について意見を言えない、執行部をやったことのある人しか執行部について意見を言えない、となると発言できるのはごく少数の人に限られてしまうように思うのですが。

      それとは別に、漁協の外の意見にも耳を傾けた方が良いのではないでしょうか。
      組合員でない地元や遠方からやってくる一般の釣り人、さらには川遊びや沢登り、カヌーをやっている人たちなど。
      川は、地域みんなの財産だと思うのですが、どうでしょう。

      監視員はやってみたいと思っていたので、本日、支部長に電話して「可能なら監視員をやりたいのですが」と伝えました。
      組合長が指名する仕組みになっているはずとか、支部とは別組織の監視委員会というものがあるとか、任期も役員とは違ったようなとか、はっきり把握しておられないようで、すぐにできるのかどうか組合長に聞いて返事をくれるそうです。
      おっしゃる通り、自分でやってみればもっと具体的に良い方法を提案できると思います。
      それに、今まで釣り券を持たない釣り人やルール無視の釣り人を見かけても、強く注意できなかったのですが、監視員という肩書きがあれば、毅然とした対応がとれます。

      他の人から見たら私がクレーマーだという点については、敢えて弁明はいたしません。
      「クレーマーではない」と書いたのは今回が初めてです。
      「クレーマー」という単語を使った記事となると、以下のどちらかのことをおっしゃっているんだと思います。
      http://www.sakanakokoro.com/2016/12/20/17431/
      http://www.sakanakokoro.com/2016/11/19/16864/
      私がクレーマーかどうかは、読んでいただいた方の判断に委ねたいと思います。

      長文になってしまい申しわけありません。
      この度は貴重なご指摘、ご意見、ありがとうございました。
      今後ともよろしくお願い致します。

  7. 名前:釣お爺 投稿日:2017/02/04(土) 11:19:07 ID:3cfba8500 返信

    この問題は何処の漁協も同じで会長初め役員の思考が優先され
    問題が生じてます、一般の釣り師の立場で考えると漁業も厳しく成るのも
    事実で結果両者の歩み寄りが現実でしょう、
    ただ見ているとその配分をどちらに置くかで漁協の努力に期待してます。

    • 名前:リコプテラ 投稿日:2017/02/04(土) 23:07:27 ID:54a3f9f33 返信

      釣りお爺さん、こんばんは。
      そうですね、執行部 vs 一般組合員、または漁協 vs 一般釣り師というような対立構造ではなくて、両者が歩み寄って建設的に話し合える場があると良いですね。
      天竜川漁協の組合員になって、その運営方法が前時代的で非効率的な部分もあるように感じました。
      無駄を省いて風通しの良い組織になれば、地域にとっても漁協にとっても良い方向に向かうんじゃないかなと思います(^_^)

  8. 名前:自営業FF 投稿日:2017/02/04(土) 11:35:05 ID:66e797265 返信

     こんにちは。
     出席されましたか!結構驚く事が多いですね(笑)
     自分は他地区ですが、驚いたのは委任状が無く、出席者の賛否だけで決議される事でした。組合員が7~800人いても20~30人の常連さんで事が決まります。決算・予算の承認以外に議題があっても総会の通知に載せず、当日、提案して予定通り可決されると言うものでした。総代達が結論を出しておいて最後の儀式として総会で決議する訳です。違う意見が出ちゃ拙いんですよ!事前に結論は出ているから(苦笑)。
    「それ決めるならオレ出席して意見言いたかったよ」「執行部は議題に上げる事が分かっているのに如何して案内しないの」と言う意見は自分以外にも結構いましたよ。
     お年寄りが亡くなって代謝が起こる時期には来てる気がします。そのお年寄り達はアユ釣りをメインに考えていましたから、対象魚や釣り場に対する考え方も少しづつ変わって行くと思いますよ。
     ※監視員の報酬が増える(5枚売れば10k位?)現場券を3k~5kにすれば如何です?と、発言した遠い記憶が・・・。
    ではでは。
     

    • 名前:リコプテラ 投稿日:2017/02/04(土) 23:23:06 ID:54a3f9f33 返信

      自営業FFさん、こんばんは。
      ついに出席してしまいました(^_^;)
      自営業FFさんも組合員なんですね。やはり同じような感想をお持ちのようで(苦笑)
      議題を事前に知らせないってのはスゴイですね。結論ありき、ですか・・・
      こちらの総会の「その場しのぎ感」は半端なかったです。総会に出た人にすら決算書等の報告書が行き渡らず、数字の誤記載を自分で修正して下さいというのには、ほんとにあきれました。
      本来、報告書って欠席した組合員にも配らなきゃいけないものじゃないんですかね。
      新陳代謝が起こって、もっと風通しの良い組織になれば良いのですが。
      しっかり把握してないんですが、現状は現場券売っても歩合的な報酬はないんですよね? それとも支部によって違うのかな。
      監視の方法や現場券については意見を出し合って、もっと良い方法にできる気がします。

      • 名前:自営業FF 投稿日:2017/02/05(日) 15:26:34 ID:6811723ad 返信

        こんにちは。自分は監視員を5~6年しましたので(10年以上前の事ですが)参考になりますかどうか。
         その頃は区が選任した監視員は二名で年間数万円(曖昧ですが3万円だったかな)の手当だったと記憶してます。その人数と報酬で、広い範囲を(中アから南アまで)を監視できるはずがありません。にもかかわらず、総会で吊し上げられます「無鑑(むかん・鑑札無し)が居たぞ。監視員の怠慢だ」。
         現場では、釣り人相手よりも釣りをしない人達(川遊びの個人や団体)を相手にする方が大変でしたよ。漁協側の規則だ、法律だ!は釣り人相手の話で、世の中には理解されていません。川干し・モリ突き・ヤス突き、規則では違反ですけど「子供の楽しみを取り上げるのか!あんただって子供のころやってただろ」「川は漁協だけのものじゃない」「子供や年寄りから金取るのか!」等々、これもある意味正論です。注意した監視員の友人は新聞に投書までされました(笑)。この人達相手では漁券も売れないし、監視員は労多くして見返りが小さいです。モリを持った若者のグループや入れ墨したおっちゃん達に規則違反云々はちょっと勇気が要りましたしね。なのに怠慢だと非難されるわけで・・・
         その後、監視員を40人位に増やしたそうですが、今は分かりません。
         自分は専任ではなかったので年間の報酬はなく、現場券(売上)-日釣り券相当の金額(原価)=監視員報酬(粗利)だったと思います。

        • 名前:リコプテラ 投稿日:2017/02/05(日) 19:36:11 ID:ee2f8dc74 返信

          自営業FFさん、こんばんは。
          そうですか、監視員をやってたんですね。
          私もやってみたいと思っているところなので、とても参考になります。
          なるほど、釣り人じゃない人の方が大変なんですね。
          子どもが川遊びをするのは良いことだと思いますが、禁止されている漁法はダメですよね、誰であれ。入れ墨集団にはビビリますね(^_^;)
          やはり、歩合報酬的な形で活動している監視員もいるんですね。先日の支部総会で質問したら、3人に11万円ずつ均等に払っているというだけだったので、固定報酬のみなのかと思いましたが。
          歩合制の報酬は支部からではなく漁協本体から払われるんでしょうか。
          ただ今、支部長からの電話待ちなので、確認してみたいと思います。
          貴重な情報、ありがとうございました(^_^)

  9. 名前:七流釣師 投稿日:2017/02/04(土) 23:47:01 ID:1176747d0 返信

    こんばんは。
    漁協の運営には疑問が多くなるのは当然だと思います。
    色んな考えがあるのは良いことですが、何が一体本当なんだ?と思うに、既にご存知かも知れませんが、こちらのサイトをご紹介します。勝手に貼り付けますので、このコメントは削除して下さい。
    全てが正しいとは思いませんが、成る程と思えることも沢山書かれていますよ。

    http://red-book.okutama.tv/reading/a-charge/

    • 名前:リコプテラ 投稿日:2017/02/05(日) 19:55:24 ID:ee2f8dc74 返信

      七流釣師さん、こんばんは。
      とても興味深い記事ですね。
      漁協には魚の増殖義務があって、遊漁料はその負担分だと。釣りをすることに対する代償ではないってことですね。なるほど。
      ニジマスに関する記載は、私が感じた犀川殖産漁協がやっていることに対する疑問と重なる部分がありますね。
      コメント、削除する必要はないように思いますけども(^_^)
      削除した方が良ければ、下のメールフォームからでも良いのでご連絡下さい。

  10. 名前:Fumi A 投稿日:2017/02/05(日) 00:17:55 ID:6292db8eb 返信

    初めましてよく釣りに行ってる川名で検索し、ここにたどり着きましたw

    死ぬ前に言いたいことを言っておくべきだと昨年から天竜川漁協3区の総会に参加して居る者です。
    株券も以前より安くなり買い易くなったため参加者が去年から増えたのではないかと思います。
    釣り券のの質問と提案をした本人ですw、誤解を招きそうな内容なので私の提案の内容と理由などを書かして頂きます。

    国立研究開発法人水産総合研究センター増養殖研究所内水面研究部生態系保全グループグループ長の中村智幸さんの調査のについての雑誌の記事についての愛知工業大学石垣研究室のHPから引用。
    http://aitech.ac.jp/~ishigaki/
    http://aitech.ac.jp/~ishigaki/tenkara/2016/muken.htm
    買わない人の割合は渓流釣りが最も高くて約5割。アユでも2割。

    志賀高原漁協
    http://www.shigakogen.gr.jp/news/fishing.html
    志賀高原漁協看板の内容
    実寸大の魚の絵20cm以下は放流
    無券者は立派な犯罪者として警察に通報します。
    その他自然保護等のマナーを守られない方は二度とこの川へ来ないで下さい。

    以上の情報を元に情報源を言って質問と提案を行いました。
    提案の趣旨及び内容は下記の通りです。

    ◎現場券は廃止の提案理由と内容
    監視員から聞いた話、監視員に見つかったらお金を払えるように用意している人は多い、見つからなければば払わないってことですね。
    現場券が有る場合は、監視員に見つかって買うのを拒否して釣りを続けて初めて犯罪となりますよね、現場券がない場合は無券で釣り釣りをしていれば現行犯になります。
    現場券がなければ一般の方が注意して退場を勧告することも可能に成るるでしょ

    ◎釣り券をっ買ってもらうための提案と説明。
    〇志賀高原漁協雑魚川。
    安い釣券濃い魚影、しかも放流魚じゃなくて天然魚、厳しい規則の適用。
    〇天竜川漁協の現状
    放流された魚が解禁間も無く釣り切られてしまい魚影が薄くこれでは
    ろくに釣れないので金を払いたく無くなる。
    〇提案
    魚影を濃くするためにサイズ制限15cmから20cmに引き上げ、持ち帰り数制限など。

    この内容は3区の総会の議題に相応しくないのですが
    本部に一般組合員じゃ提案できないので提案を行いました。
    支部長とか理事の方は頑張っていますが。
    許認可事業なので中々改善できないとの事。
    理事の方はかなり勉強していますよ。
    一部の理事の方はネットで販売も検討してるみたいです。
    Clear Water Project
    http://clearwaterproject.info/
    つりチケ
    https://www.tsuritickets.com/

    これも3区の総会の議題に相応しくないのですが去年に引き続き
    質問した件こちらをブログに書いて欲しかったw
    多数の意見を聞きたい。

    http://www.47news.jp/photo/868286.php
    記事の内容は削除去れて居るのでこちらから
    http://gairaigyokujo.at.webry.info/201406/article_34.html
    http://www.nagano-np.co.jp/articles/1589

    因みに私の考え方は
    キャッチアンドリリースは反対
    数が少なければ禁漁
    利用できる十分な数が確認されたら利用
    正し減らないように寸法制限と数の制限です。
    キャッチアンドリリースで有効に魚を保護するには
    アメリカ、ヨーロッパみたいに魚に与えるダメージの大きくなる可能性の高い餌釣り、ルアーは禁止となり毛鉤のみってことになりますよね。
    より多くの人が釣りを楽しめるように排他的な方法はできる限りとるべきで無いと考えています。
    もし自然を愛すると言うなら禁漁の一択ですね
    自然を愛するからキャッチアンドリリースは偽善と考えます。

    ネットの発言は削除してもキャッシュなどに残り消えないので
    慎重にしたほうが良いかと。

    ブログで不正確な発言するより総会で言いたい事を言いましょうw

    • 名前:リコプテラ 投稿日:2017/02/05(日) 21:56:29 ID:ee2f8dc74 返信

      Fumi A さん、こんばんは。
      はじめまして。コメントありがとうございます。

      ※リンク4つ以上は、スパムコメントと判定される設定になっていますので、解除して掲載させていただきました。

      愛知工業大学石垣研究室、確か『テンカラ大王』と呼ばれている方ですね。
      偶然一度だけ川でお目にかかりました。
      中村智幸さんの調査を紹介されてますが、数字があまりにもアバウトでどのくらいのサンプル数でどんな調査をしたのか、詳細な調査結果を見たいですね。
      「釣り券を買わない人の割合は渓流釣りが最も高くて約5割」これが全国平均ということでしょうか。私は天竜川水系(木曽川水系も行きますが、今回は関係ないですね)の支流上流部へ行くことが多いのですが、出会う釣り人の5割が釣り券を持っていないなんてことはありません。私が出会う無券者はもっと少ないですね。逆に、天竜川本流で無券でブラックバスを釣っている人の割合はずっと高いです。

      志賀高原漁協について。
      リンク先HPに、
      「全長20cm以下は釣ってはならない」となっていますが、これ難しいですよね(笑)
      20cm以下でも釣れちゃうことはあるから「全長20cm以下はリリースして下さい」の方が良いと思いますけども。まぁ、それは良いとして、
      HPの記載では、
      「無券者は魚を全て没収し、直ちに退場していただきます」
      「規則違反者は今後一切の遊漁を拒否する時があります」
      となっていますが、
      看板には本当に、
      「立派な犯罪者として警察に通報します」
      「二度とこの川へ来ないで下さい」
      という表現になっているのですか。
      無券で釣りをする人って法的には警察に逮捕されるんでしょうか。その辺り、わたしにはよくわかりません。

      天竜川漁協において、サイズ制限15cmから20cmに引き上げとキープ数制限をかけるのは私も賛成です。全く異論はありません。

      現場券廃止については、私はちょっと意見が違うところがあります。
      現場券を廃止すれば、確かに一般の人が注意して退場を勧告することはできるかもしれませんが、当の本人にとっては痛くもかゆくもないんですよね。
      また次も注意されたらやめればいいだけですから。罰金を科すっていうなら話は別ですが、上述もしましたがその辺り法的にどうなんでしょう。
      罰金を科すのが難しいから、現場券という建前でお金を徴収しているような気もするのですが・・・
      同じような例を上げると飲酒運転です。昔は罰則が軽かったので、多くの人が飲酒しても「酔ってないから大丈夫」という感覚で結構運転してましたよね。それが厳罰化されてから、飲酒運転は激減しました。
      やはり、無券者からはどういう形であれ、お金を徴収しないとダメだと思います。
      罰金なのか、現場券なのか、いずれにしてももっと高額にして。

      ヤマトイワナ保護の件について。
      すみません、ちょうどこの質問の時に隣の人に話しかけられてしまって、質問内容から役員とのやりとりまで全く把握していません(^_^;)
      保護にあたって、キャッチ&リリース区にするのか、禁漁区にするのかとういうようなことでしょうか。

      私は川を調査した状態に応じて、禁漁区なりキャッチ&リリース区なりの判断をすれば良いと思いますが。

      魚へのダメージについて。
      毛鉤というのはフライフィッシングとテンカラを一まとめにしておしゃっているのかわかりませんが、ルアーでもシングルバーブレスフック(カエシのない鉤)を使えば魚に最小限のダメージでキャッチ&リリースができると思います。
      餌釣りも上手い人なら、飲み込ませずに釣ることも可能でしょう。スレ鉤もありますし。

      「キャッチアンドリリースは反対」とはどういう意味でしょう。
      三峰川上流域にキャッチ&リリース区間を設定することに反対ということですか。
      Fumi A さんがどんな釣り方をされているのかわかりませんが、現状でも15cm以下、将来的に20cm以下がかかった場合は「キャッチ&リリース」するわけでしょう?
      だからキャッチ&リリースそのものに反対ということではないですよね、少なくとも。
      「自然を愛するからキャッチアンドリリースは偽善」とまで書かれているので、魚をキープする人たちを軽蔑している「キャッチ&リリース至上主義」といわれる人たちの考え方に反対ということでしょうか。
      ちょっと真意を測りかねます。

      ちなみに私は現在、主にフライフィッシングをやっていますが、状況によって釣った魚をキープして食べたり、リリースしたりです。
      キャッチ&リリース派とキープ派はとかく対立しがちですが、どちらが善でどちらが悪というようなことではなく、これからも釣りが楽しめる川を守っていくためにどうしたら良いか、中身のある話し合いをしたいですね。

      個々の問題はそれぞれいろんな意見があると思いますが、私がもっとも問題だと思っているのは、組合員が意見を出し合って話し合う場がないということです。
      先日総会に出てみてわかりましたが、あの総会は支部の活動や収支の報告、それに関する質疑だけの場でしたね。
      Fumi A さんは敢えて、漁協全体に関する質問をされてましたが、それは結局役員に質問して役員が答えるという直線的なもので、周囲の組合員は傍聴者。
      支部ごとに、組合員が意見を出して話し合うための会を開いて欲しいですね。そして、それぞれの支部でまとめた意見を役員が持ち寄り、本部で話合って問題解決や改善をしていく。そのような組織になって欲しいと願います。

      「ブログではなく総会で発言を」とのご指摘ですので、この辺でやめます。
      次回総会で(と言っても1年先か笑)機会があれば、意見交換したいですね。

      長々と失礼いたしました。
      今後ともよろしくお願いいたします。

      • 名前:Fumi A 投稿日:2017/02/06(月) 03:12:18 ID:96e10bf1d 返信

        リコプテラさん、こんばんは。
        ◎無券率について
        愛知工業大学石垣研究室
        テンカラマンの無券率
        http://aitech.ac.jp/~ishigaki/tenkara/2016/muken.htm
        ウェブリサーチで自己申告ですね
        私の良く行ってる川の無券率ははかなり高いですよ。
        感覚的にはこれに近いのではないかと。
        同じ川でも場所と時間帯でかなり違います。
        ◎志賀高原漁協について。
        天竜川漁業協同組合HP
        http://www1.inacatv.ne.jp/~tenryugawa-gyokyo/
        3:魚の大きさ(全長)の制限
        (1)鱒族 15cm以下を採捕してはならない。
        何処も同じでしょ小さいのが釣れてしまった場合は放す事で
        OKてことで、志賀高原漁協は針を飲み込んで死んでしまった見たいな
        言い訳をさせない為に死んでいても川に戻せって事みたいですよ。
        看板の内容はその通りです、総会の時に何人かに見てもらいました。
        知人が雑魚川で撮ってきた写真で非公開のブログに置いてあるので
        公開できませんが、個人的にはお見せできます。
        画像検索で見つけましたが同じものが見つからなかったので
        現状ではネットには公開できません。
        そのうち許可を取って公開予定です。
        ◎現場券廃止について
        現状では釣り券を持たずに釣りをしていても即犯罪じゃ有りません。
        志賀高原漁協方式なら犯罪です。
        この違いは大きいです現状では釣り券を持たない人ともめた場合
        証拠の写真を撮る事すら問題になります。
        ◎魚へのダメージについて。
        ルアーだとスレが多い上にシングルフックバーブレスでも複数フックを付けると
        スレ掛が多くなります。
        鰓などにかかると致命傷になります。
        渓流餌釣りに関しては腕だけじゃなくて餌及び釣法によっても
        違います、積極的に飲み込ませて釣る釣法も有ります。
        脈釣りだけでは無いと覚えておいてください。
        そのうちビデオで公開予定です。
        ◎キャッチアンドリリースについて
        資源確保としては有効ですが、しかし万全ではない。
        石徹白漁協
        http://www.itoshiro.jp/index.html
        キャッチ&リリース区間の釣り数制限についてより引用
        平成27年度3月1日よりキャッチ&リリース区間内での釣りにおいて、一日10匹までという釣数制限を設けることになりました。規則導入に至った理由を説明させていただきます。
        キャッチ&リリースにはいくつかの考え方があると思いますが、石徹白漁業協同組合では生態系の保全と復活のための管理方法と考えております。したがって、遊漁規則で禁漁区と設定し、キャッチ&リリースという基本ルールと、それにともなう特別な規則のもとでだけ許可される制約のきびしい管理エリアです。
        キャッチ&リリースにおける魚へのダメージの研究では、日本でもアメリカでも同じような結果がでており、どちらも2~5%の死亡率は否めないようです。リリースの際元気に泳いで帰ったように見えても、その後死亡してしまう個体もあるということです。
        現在キャッチ&リリース区間に生息する魚は、すべてが自然再生産で生まれた個体であり、今ではとても貴重といえる天然魚ばかりであることを考えていただければ、リリースさえすればいくら釣っても良いというものではないこともご理解していただけると思います。リリースというと何となくキレイな響きがありますが、釣りをしない人からは、魚を針に掛けてイジメルだけの行為と見られることを忘れてはならない訳で、少しでもそう見られないためにも必要なことと考えます。
        10匹はなかなか釣れない人や、5匹も釣れば充分満足できる人も大勢おみえです。10匹ばかりでは満足出来ない人には申し訳ございませんが、数規制のない釣り場(他河川)をご選択ください。
        今回の問題もマナーレベルで解決できると良かったのですが、残念ながらルールとさせていただきました。何事も全ての方々のニーズに応えることは出来ません。石徹白漁協の「本物の生態系を未来に残す」という基本理念をご理解いただける方々とともに「本物のキャッチ&リリース区間」を存続して行きたいと考えます。
        なお、今回の制限を受けてキャッチ&リリース区間以外の一般釣り場につきましては、将来的に制限が必要になることも想定しておりますが、現在、一般釣り場の平均的釣数は10匹前後だろうということで見合わせました。したがって、キャッチ&リリース区間で10匹釣った後は、一般釣り場のほうで楽しんでいただくことは可能です。

        もし数が少なければ数が少しでも減るキャッチアンドリリース
        は認めずに禁漁にすべきでしょう。
        数が多い場合でも反対なのは魚を釣って持ち帰り食べるのを楽しみにしている方も
        多数居ますそのような人々を排除するのがはたして良いことでしょうか?
        釣りは食糧確保のほかに狩猟本能を満足させるために自然を痛めつける、
        有る意味残酷な遊びでしょう。
        だから自然を愛するからキャッチアンドリリースは偽善と言っています。
        因みに私個人の利益を考えれば毛鉤釣りがメインなので欧米のような厳格な
        キャッチリリース区間(毛鉤のみ)を設定するのが最善となります。
        しかしこれは完全なエゴですよね。
        ◎リリースするかキープするか
        個人の自由ですね違法じゃなければ。
        ただ乱獲はモラルの問題と考えています。
        ◎毛鉤釣りについて
        フライフィッシングとテンカラです
        日本では別ジャンルとして別けていますがですが訪米では同じFly fishing
        (毛鉤釣り)ですね。
        組合に関しては不満が一杯ありますが悪口言っていても良くならないので
        言いづらい事も含めて言うために組合員になりました。
        組合に関する提案など意見を集めて総会で発言することは良いと思います。
        ただ悪口と誤解されないように配慮したほうがよいでしょう。
        リコプテラさんと考え方はほとんど同じだと思います。

        遅れましたが自己紹介です
        主に中央アルプスの山岳渓流で釣りを楽しんでいます。
        釣法は餌釣り、テンカラ、フライフィッシング、ルアーです。
        針は自分に優しいw、バーブレスフックを使用してます。
        餌釣り餌が落ちないように半分スレも使うことも有ります。
        ルアーはシングルフックバーブレスです。
        釣った魚は食べるが基本ですが、狩猟本能を満足するための
        釣りが最近は多くなりました。
        どんな処でどんな釣りをやっているかはネットの時代ですから
        暇な時にでも検索して見て下さいすぐにいくつかヒットすると思います。

        リコプテラさんとは行く川がかなりかぶっているのでそのうち会えるかも。
        長くなりましたけど、今後とも宜しくお願い致します。

        • 名前:リコプテラ 投稿日:2017/02/06(月) 21:34:54 ID:835cc6ccf 返信

          Fumi Aさん、こんばんは。
          リンクはこちらで修正して掲載しておきました。
          ご意見の趣旨はよくわかりました。

          ページ右側にこのブログ内で良く読まれている記事の1週間の集計を載せているんですが、この5日で私のキラーコンテンツ「ウグイの洗い」をあっさり抜き去り、「ジムニーのスピーカー交換」に肉薄しています。
          皆さんの関心の高さがうかがえますね。
          それよりも、釣りブログなのにウグイやジムニーの記事がよく読まれているってのはどうなの?って感じですが(笑)

          中央アルプスがホームリバーですか。
          私は上伊那と木曽の川を広範に歩いてますが、今年は下伊那に足を伸ばそうか迷っているところです。
          川でお目にかかったら、いろいろお話できそうですね。
          こちらこそ、よろしくお願いいたします。

          • 名前:Fumi A 投稿日:2017/02/07(火) 20:43:47 ID:5d3d8adca 返信

            リコプテラさん、こんばんは。
            漁協は解らない事多過ぎと組合に対する不満を持ってる人多いですからね。
            若い理事の方も頑張っていますし、少しでも良くするように出来るだけ協力しようと思っています。
            年会費は基本口座引としも許認可の関係で中々簡単に出来なかったみたいですよ。
            面白い話一杯あるんだけど此処では話せないのでオフで有った時にでも。
            「ウグイの洗い」は面白かった勇気ありますねw
            「ジムニーの」までは解るんだけどw。
            ホームは川名書くの止めた見たいなので書きませんけど、夏でも水の冷たい川です。
            下伊那は下見までは行ってますがヤマビルが・・・
            志賀高原漁協の看板の件ですが知人の許可を得ましたが
            メッセージの送信に失敗するので
            Google+に置いて有ります。
            知人との情報公開用に開設しましたけど、一般公開で見たい人は
            勝手に見てってスタンスなどでウェブサイトには入力しませんが
            Google+ で志賀高原漁協の看板で検索して下さい。

  11. 名前:patri 投稿日:2017/02/06(月) 00:35:23 ID:4e5e9ddf7 返信

    ついに組合員になってしまいましたか!
    とっても歓迎します、おめでとう?ございますと言いたいです。
    自然特に渓流を愛する釣り人キャンパーとしては羨ましいし嬉しく思います(^o^)

    コメントみましたがキャッチアンドリリースも場所によっては有用なのは間違いないと反論します。
    実際にも忍野や石徹白や寒狭川や西野川で実感しましたし、見聞きした範囲でも忍野と石徹白漁協では再生産性含め成功していると思いますし。
    キープ数制限と併用したら魚数保護にはかなり有効だと思いますよ。
    現場売はコンビニ販売があるなら+3000円以上(なければ早朝は厳しいので+1000円)と厳しくしても良いと思います。

    漁業組合内部でも決算報告や監視員の詳細が報告もないしわからないとは思いませんでした。
    これでは改善する気はないと言っても過言ではないですね、呆れました。
    天竜川漁協は中部では規模が大きく予算も多いのにこれでは他も心配になります。
    自分もいずれは移住して木曽で組合員になりたくなってきました!
    是非風穴を開けて天竜川を良い釣り場にしてください。
    そしていずれは組合長に!なんてね(^o^)/

    • 名前:リコプテラ 投稿日:2017/02/06(月) 21:52:14 ID:835cc6ccf 返信

      patriさん、こんばんは。
      謎の組織、漁業協同組合の一員になってしまいました(笑)
      どうも閉ざされた組織で、運営や会計など組合員に情報を開示して欲しいですね。
      監視員については、問い合わせしたところ支部長でさえ詳細を把握していないようで・・・
      組合長は無理ですが(笑)、言うべき事は言って、話し合いによって組合にとっても釣り人にとっても良い方向へ向かうといいなと思います。
      キャッチ&リリース、キャッチ&イート、どちらも否定されるものじゃないと思います。体長制限や尾数制限などと組み合わせて、川によってベターな運用方法を探ればいいですよね。最終的には釣り人一人一人の意識の問題にもなりますが。

      木曽は私は年券で釣ってますが、ほんとに良い渓流がたくさんありますね。私も木曽に住みたいとちょっと思ったりして。空き家が結構ありますしね。
      ただ、木曽川漁協の組合員だった人の話を聞きましたが、あちらはあちらでいろいろ問題ありそうですけども・・・(^_^;)

      >餌釣りに+テンカラもやる方も増えてキープ一辺倒な考えも減ると嬉しいですね。

      そうなんですよ。近年、餌釣りをやっていたけどテンカラもやるようになったという人に行き会うことが多くなりました。
      釣りの楽しみ方も変わってきているのかもしれませんね。

  12. 名前:patri 投稿日:2017/02/06(月) 01:07:16 ID:4e5e9ddf7 返信

    書きもれがあったので追記です。
    キープ数のほとんどは餌釣りだと思いますし、キャッチアンドリリースの不公平は仕方がないと思います。
    魚数保護と収益の両立を考慮しての一つの方法ですので禁漁にするのも漁業組合の判断ですから。
    あとルアーではバーブレスフックでほとんど殺さずリリースできるはずです。
    餌釣りに+テンカラもやる方も増えてキープ一辺倒な考えも減ると嬉しいですね。

  13. 名前:Fumi A 投稿日:2017/02/06(月) 17:07:12 ID:a870eea58 返信

    patri さん、こんにちは。
    私への反論のようなので説明します
    あくまで私の考え方です同位を求めているわけではありません。
    人によって考え方が違いのは当然で多様性が有ったほうが良いと考えています。

    ◎キャッチアンドリリース有用性について
    徹白漁協は漁協と地域での努力が実って成功しているのは有名ですね

    私はキャッチアンドリリースの有用なのを否定はしていません。
    準絶滅危惧種のヤマトイワナを守るには
    数が少なければ前面禁漁が最善と考えます。
    キャッチアンドリリースは反対の理由は
    リコプテラさんへの返信の石徹白漁協のキャッチ&リリース区間の釣り数制限
    についてより引用をお読み下さい。

    数が多ければ有効利用ですが
    こちらもキャッチアンドリリースは反対の理由は

    大田切川キャッチアンドリリース廃止理由
    他の支部の決定なので詳しいことは知りませんが。

    自営業FFさんのHPから引用です。

    「この区間は、組合員から解除要望も強く、また、菅の台や中央アルプスへの夏の観光客も多く、魚を釣って持ち帰りたいという家族連れも多く見られる」

    魚を釣って持ち帰り食べるのを楽しみにしている方が組合員が居る限りこのようになる
    可能性が有ります。
    現状を変えるにはキャッチアンドリリースと魚を釣って持ち帰り食べるのを楽しみにしている方の妥協点を見出さなければ成りません。
    石徹白漁協のやり方だと妥協は無理でしょ、しかし志賀高原漁協のやり方のほうが
    妥協しやすいでしょう。
    キャッチアンドリリースは目的じゃなくて手段ですから
    より良い良い手段があればそれを採用すれば良いと考えています。

    ◎ルアーについて
    キャッチ・アンド・リリースとその後の死亡率
    より引用

    C&R後の魚の死亡率の調査データ

    アウトドア雑誌データ
    餌 31.4%
    ルアー バーブ有り 4.9%
    ルアー バーブ無し 2.6%
    フライ バーブ有り 3.8%
    フライ バーブ無し 2.6%
    フライを1とした時の倍率
    餌 10.4
    ルアー 1
    フライ 1

    つり人社発行のタイトループ誌Vol.2(1998年8月発売)
    に掲載されたデータ

    餌 25%
    ルアー 6.1%
    フライ 4.1%

    フライを1とした時の倍率
    餌 6.1
    ルアー 1.5
    フライ 1

    フライによる4調査の平均
    バーブ有り 1.4%
    バーブ無し 1.7%

    フライ・ルアーによる9調査の平均
    バーブ有り 4.5%
    バーブ無し 4.2%

    フライを1とした時の倍率
    バーブ有り 3.2
    バーブ無し 2.5

    トレブルフックとシングルフックの比較は無いが概ね
    死亡率は
    フライ<ルアー<<餌

    これが多いか少ないかは人によって見解は異なると思いますが。

    別の観点から見ている方も居ます。
    サク大王、佐久間誠さんのHP
    キャッチ&(あんど)リリースの誤解など
    「遡上中のサツキマス、サクラマスはまったくエサを食べない」説を覆して
    「遡上中のサツキマス、サクラマスは遡上中もエサを食う」を証明した方。
    この方の見解

    ルアーはエラを傷つける可能性が高いので、リリース前提の釣りでは
    「使わないべきだろう」がホンネ。だそうです。

    私は別にルアーを否定してるわけじゃないので。
    長くなりましたけど、今後とも宜しくお願い致します。

    • 名前:patri 投稿日:2017/02/09(木) 23:20:48 ID:560706909 返信

      Fumi Aさん詳しいデータありがとうございます。
      大変参考になりました。
      とても貴重なデータで興味深いですね
      ルアーとフライで大差が無いのが少し意外でした。
      トレブルフックは当然禁止で普段も使用しないのは当然としてもシングルでも殺してしまうのは少なからずありますね。
      バーブ有り無しはルアーやフライが残った場合になるべくその後に脱落させやすくするのにはやはり有効性があるとデータを見た後でも思います。
      ただそれよりも切られないよう細い糸を使わないほうが余程重要な事ですね。

      キャッチアンドリリース設定なら不公平でもやはり餌は禁止で、でも一番不公平をなくして魚数保護できるのは厳しいキープ数制限で一人1日5匹が妥当かなと思います。
      キャッチアンドリリースにすれば90%以上は生き残る訳で一部区間特に産卵に適した場所の近い所を設定すれば更に有効性は高いと思います。
      もちろんヤマトイワナや魚数の減った渓は禁漁で良いですし再生産がうまくいってるところはキャッチアンドリリースでも良いです。
      より良い良い手段があればそれを採用すれば良いは自分も同意です。
      とにかく言いたいことは特に小規模支流で10匹以上とか乱獲をなくして欲しい事、その努力を漁協さんにはお願いしますと言いたい、もっと法的にも厳しくしても良いですよ。
      できる範囲で協力もしたいです。

  14. 名前:いわなたろう 投稿日:2017/02/06(月) 17:23:54 ID:695dcc9b6 返信

    コメント欄が白熱していますネ。

    漁協の会計はしっかり公開してもらいたいですよね。
    諏訪東部でも横領があったし公開されていればそんな問題も起こらないはず。

    組合員は職漁師のあかし・・・(笑)
    憧れます(爆)

    • 名前:リコプテラ 投稿日:2017/02/06(月) 22:02:49 ID:835cc6ccf 返信

      いわなたろうさん、こんばんは。

      白熱してるでしょ(笑)
      この5日間で、私のキラーコンテンツ「ジムニーのスピーカー交換」に週間アクセス数が肉薄しているという事実(^_^;)
      まぁ、漁協の運営については釣り人の皆さんの関心が高いということですよね。

      そう言えば、諏訪東部では横領事件がありましたね。他の漁協で起きても不思議じゃない閉鎖感があります。
      おっしゃる通り、漁協本体の会計は少なくとも全組合員、本当なら一般にも公開してもらいたいと思います。情報開示されなければ、意見を言うための材料すらありません。個々の問題の議論はその後のような気がします。

      天竜川漁協の組合員が2,500人超もいることに、ビックリしました。
      それぞれ出資金という形で額面40,000円の証券を購入しているので、単純計算で1億円ですよね。今までその出資金をどう使ってきたのか、開示して欲しいです。

      私は、ざざ虫を捕って小遣い稼ぎをしているので、そういう意味では職漁師かも(笑)

  15. 名前:Fumi A 投稿日:2017/02/16(木) 01:28:02 ID:505213ce4 返信

    メール送信失敗します
    連絡したいことが有りますので
    メール宜しくお願い致します。

    • 名前:リコプテラ 投稿日:2017/02/16(木) 23:31:37 ID:35459f4d8 返信

      Fumi A さん、こんばんは。
      すみません。メールフォームの設定がおかしくなっていました。
      修正しましたので、今度は大丈夫だと思います。
      念のため、メールもお送りしておきます。