スポンサーリンク

ピコグリルのコピー商品は驚異の完成度だけど・・・|SOOMLOOM 焚き火台

渓流でのソロキャンプ用に買った焚き火台ピコグリル398
A4サイズの薄い板状に収納できて軽量コンパクト、そして本格調理もできるので私がベタ惚れしてるヤツです(笑) ピコグリルについての詳細はこちらの記事をご覧ください。

そんなお気に入りのピコグリル398ですが、唯一の欠点は値段が高すぎるということ
薄ーいステンレスの板と細ーいステンレスの棒のみので構成されてるのに、楽天、アマゾンなどではぼったくり価格で売られているし、正規販売店で正規価格で買ったとしても13,000円。
高いよねー!

それでも入荷するとすぐに売り切れになるほどの売れ行きだし、実際私もその価格で買っています。高いとは思うけど、バックパックソロキャンプの焚き火台としては唯一無二の使い勝手の良さなので、まぁ文句はないです。
ただ、ピコグリルの薄いステンレス板の耐久性にやや難ありとレビューする人が多いので、ステンレス版はいずれ買い換えないといけないかもと思っていて。
以前にも紹介した正規販売店
Pikari outdoor-shopさんでステンレス板(火床)のみを6,500円(税込)で販売しているので、買っておいた方が良いかな・・・と思っていたところ。

ある日、アマゾンを見ていていたら6,970円でピコグリルが出ているではないですか!

でも、良く見るとそれはピコグリル398ではなく、いや、見た目はピコグリル398そのものなんだけどたぶん中国お得意のコピー商品なんでしょう。
でもこれ、掲載写真を見ても多くのレビューを見てもピコグリル398を本当に忠実にコピーしているらしいのです。コピー商品じゃなくてOEM製品なんじゃないかって思うくらいに。

ピコグリル398を買いたい人には朗報だったけど・・・|SOOMLOOM 焚き火台

私の場合は、ステンレス板(火床)のみ買い換えれば問題なかったんですが、コピー商品が本当にちゃんと使えるものかどうか確かめるために、敢えて購入してみました。価格的にはステンレス板のみのほとんど変わらないし。
さて、注文しようかなと思って再度アマゾンを見たら、既に品切れになってる!!(T . T)
しまった、あれだけ人気のあるピコグリル398そっくりな商品が本家の半額で買えるなら、そりゃ売り切れちゃうか。あー、早く注文すれば良かったー。
だけど、また入荷しないかなーと、ちょくちょく覗いていたら、数日後にはまた復活。今度は即注文!!!


翌日には届きましたよ、ピコグリル398もどきのSOOMLOOM焚き火台

 
箱を開けると、ピコグリル398そっくりのケースに本体が収められてます。
製品パーツもぱっと見全く同じに見えます。

 
ちゃんと日本語の取扱説明書もついています。
パーツを取り出してみると、脚部も火床もピコグリル398そのもの。
ただ一つの違いは、幅の狭いスピット(焼き串)が一つ追加されていること。
これは地味にありがたい変更点。

ピコグリル398そのもの、と言っても良い品質。

それぞれのパーツを本家の物と比べてみましょう。


まずはピコグリル398の要、ステンレス板(火床)。
この形状がとても重要で、開くだけで火床になり、重たい薪を乗せてもしっかりと安定して支えてくれるんです。
左側が今回購入したSOOMLOOMの焚き火台、右が現在使用中のピコグリル398の物です。
使用中のピコグリルの方は焼けているし広げた状態のクセがついて、やや膨らんだ状態になっているのでわかりにくいですが、これが外形や穴の位置など寸分違わず全く同じにできています。加工精度も全く同等です。
どちらも新品状態だとしたら、どちらがピコグリル398のものか判別は不能です。

このステンレス板はプレス加工されてると思うんだけど、同じ金型を使ってるんでしょうね。凄いコピー能力。


本家同様ステンレス板に磁石がくっつくので、材料も300系ではなく400系で同じということでしょう。300系でも加工によってはその部分に磁性を持つこともあるらしいけど。

続いて脚部の比較。
これもほぼ完璧にコピー。ただ、よーく見るとこちらは微妙な違いがあります。
製品の性能には全く影響ないけど。


真ん中のステンレス横棒(黄色矢印)、本家は他より少し細い2mm径が使われてますが(写真右側)、SOOMLOOMは他と同じ3mm径が使われてます。
ほんのわずか重くなるかもしれないけど、強度はむしろアップしています。


左のSOOMLOOMの脚は上部の末端が面取りされた状態になってます。そして、横棒の位置がやや下がってますかね。
まぁ、実用上は全く問題ない違いです。よーく見ると判別は可能ってだけの話です。


脚部は磁石がつかないので300系ステンレスですね。これも本家同様です。

オマケの小スピットが、結構ありがたい。


スピットもほぼ同じにできてるんですが、SOOMLOOMには一番左側の幅の狭いものが一つおまけ(?)で付属しています。後述しますが、これは結構ありがたい。


スピットもよーく見ると、矢印の横棒が本家は2mm径だけどSOOMLOOMは3mm径で作られています。
使用ステンレス棒を3mm径のみにすることで、コストダウンしているのかもしれないですが、強度的にはむしろ歓迎です。


布製のケースもかなり酷似。ここまで似せなくても良いのに(笑)
縫製が本家より若干荒いけど、まぁ特に問題はないです。

SOOMLOOM焚き火台の重量

ステンレス板と脚のみ 392g
+スピット2本 497g
+ケース 537g
+小スピット 588g

ピコグリル398のステンレス板と脚、標準スピット2本を加えた重量は448g。
ケースに入れた重量は497g。
小スピットはSOOMLOOM焚き火台の方にしかないので除外するとして、本家より40〜50g重いってことですね。
上記した通り、ピコグリルでは2mm径のステンレス棒を使っているところもSOOMLOOMは全部3mm径のステンレス棒を使っているためでしょうね。

以前からピコグリルもどきを自作してヤフオクで売っている人たちはいましたが、それはピコグリルよりずっと重いものばかりでした。
今回の物はほぼ完璧にコーピーしているので、重さもほとんど変わりません。

 
アマゾンレビューによると、製品に歪みがあってスピットを載せると片側が浮いてしまう個体もあるようなので、開封したらすぐに不良箇所がないか確認してみました。
私が購入した物は全く問題ありませんでしたが、初期不良品はアマゾンですぐに返品交換してもらえたそうです。

実用的には全く問題ない、SOOMLOOM焚き火台。


組み立ててみました。
これはピコグリル398そのものでしょ、ほんとに。加工精度にも全く問題はなく、見れば見るほどこれはピコグリル(笑)


スピットを載せたところ。
標準のスピット(左2本)だけだと、大小のクッカーを載せるとギリギリいっぱいだけど、この幅の狭いスピット(一番右側)があると、さらに別料理も同時進行できますね。

ピコグリル398を買いたい人はこれを買えば間違いなし、
だったんだけど・・・

ピコグリル398が気になっているけど、その価格に躊躇っていた人はSOOMLOOMの焚き火台を買えば良いですよ。だって、SOOMLOOMの焚き火台はピコグリル398そのものなんですもん(笑)

ブランド品のコピー商品は本家のブランド名やロゴ(商標)を勝手に使って本物そっくりに作って売っているから問題あるけど、今回のSOOMLOOM焚き火台は、自身のブランド名で売っているからピコグリルが何か特許でも取得していたり意匠登録されていない限りは問題はないことになりますね。

その辺りに抵触しないのであれば、廉価なコピー製品はユーザーにとってはありがたいんですよね。
他の例で言えば、二次燃焼タイプの小型ストープ。形は少しだけ変えてるけど、ソロストーブを真似して作ったものが各種アマゾンで買えます(アマゾンで見る)。8,000円以上もする製品の同等品が1,500円から2,000円くらいで買えちゃうんですよね。

他にも、例のハンモックや、この形の充電式ランタンアマゾンで見る)。


これはもう、どれが本家かわからない。いろんなメーカーからそっくりのものが売られています。私もその中から一つを購入して愛用しています。

苦労して最初に開発したメーカーを応援したい気持ちもある。

品質に問題がなく、特にブランド名にこだわりがなければ、実用品は安いに越したことはないですよね。
ただ、それとは別に、苦労して一番最初にその製品を生み出したメーカーを応援したいという気持ちもあります。大メーカーならともなく、それが手工業的な小さなメーカーであれば尚更。釣り具メーカーだとそういうメーカーがたくさんありますね。

SOOMLOOM焚き火台は製品自体は全く問題なくお勧めできるんですが、アマゾンで一旦売り切れになってから再度復活した後、今現在(2019年12月4日)は商品ページ自体が表示されなくなっているので、本家と何らかのトラブルがあったのかもしれないですね。
だとしたら、とても残念です。

今現在アマゾンでは本家ピコグリルが17,500円で売られていますが、お勧めできません。
買いたい方は、以前も買いた通り、下記正規販売店での購入をお勧めします。
Pikari outdoor-shop
WANDERLUST EQUIPMENT

Pikari outdoor-shopでは、火床やスピットのみの購入もできるので嬉しいですね。

ともかく、私は予備のピコグリル(もどき)を入手できたので、これからもバリバリ使います。

★2020.1.3追記

アマゾンにコピー商品がわんさか沸いてきました(笑)

上記の通り、一旦消えてしまったはずなんですが2020年1月3日現在他のいろんなところから同じに見えるものが売られています(アマゾンで見る)。
SOOMLOOMの焚き火台は一瞬で売り切れたので、真似する業者が増えたんでしょうね。

私が購入した上記SOOMLOOM焚き火台は、ほぼピコグリル398そのものなので実用上は全く問題ありませんでしたが、他のコピー商品は私自身が手に取ってみたわけではないので当たり外れがあるかもしれません。
アマゾンレビューを見ると、SOOMLOOMと同レベルの物もあれば、火床のステンレス板が厚かったりバリがあったりする物もあるようです。
価格は4,000円台後半から6,000円台後半くらい。本家ピコグリルと比べれば半額以下なので、ある程度割り切って買ってみても良いかもしれないですね。

『ピコグリルのコピー商品は驚異の完成度だけど・・・|SOOMLOOM 焚き火台』へのコメント

  1. 名前:kuni 投稿日:2019/12/04(水) 23:31:12 ID:ddb359493 返信

    ここまで見事にコピーされてたら、もはや本家を知らない人にはどちらが本物か分かりませんね。(笑)
    そしていつものことですが、ここまで詳細に検証されるのはリコプテラさん以外には、まぁそうそういないでしょう。^^

    例のハンモック、そう言えば結局今年は使うタイミングを逃しちゃったので、来年こそはあの浮遊感を味わいに行かなきゃ。

    • 名前:リコプテラ 投稿日:2019/12/07(土) 19:41:43 ID:4b30d51ec 返信

      kuniさん、こんばんは。
      こんなにも忠実にコピーできるものかと、感心してしまいました(笑)
      特に、ステンレス板の火床は新品を両方並べたら、どちらかは全く判別不能です。
      あまりにもそっくりなので、比較してみたくなったんです^_^;
      来年暖かくなったら、またハンモックで昼寝を楽しんでください。

  2. 名前:ハックル70 投稿日:2019/12/05(木) 07:14:16 ID:caab13fe1 返信

    おはようございます。
    アウトドァブームと言いますか、それに便乗して便利なグッズがあるもんですね、それはそれとして良いですが、石を組み簡単なクドを作るなど周りにある物で代替にする知恵が失われるような気もします、しかし、高いですねぇ~。

    • 名前:リコプテラ 投稿日:2019/12/07(土) 19:48:41 ID:4b30d51ec 返信

      ハックル70さん、こんばんは。
      アウトドア、特にこのところキャンプブームのようです。
      私は釣りに行って上流部の河畔に泊まるのがほとんどなので、ブームになっているキャンプ場でのキャンプとはちょっと違いますが、キャンプ業界は喜んでるんじゃないでしょうか。
      いざと言う時に、キャンプ道具がなくても対応できる知識は技術は身に付けておきたいですよね。
      焚き火台、本家のはほんとに高いんですよー。私もいつか自作しようかと、製品が到着してすぐに、各部を細かく採寸してあります(笑)

  3. 名前:K 投稿日:2019/12/05(木) 21:52:25 ID:18f3ada0c 返信

    コピー商品 恐るべし 性能的に問題がなければ、こちらでもいいですね。 現在、購入できないのは残念ですが。   私は、激安バーナーが気になって、買おうかどうか悩み中です。多分、中国製です

    • 名前:リコプテラ 投稿日:2019/12/07(土) 19:54:59 ID:4b30d51ec 返信

      Kさん、こんばんは。
      ここまでそっくりに作って売るとはびっくりしました。製品の完成度が高いので、というか本家そのものの仕上がりなので、皆さんにもお勧めしたかったのに、今現在商品ページが削除されているので、もしかしたら本家とトラブったのかもしれません^_^;
      中国製の激安ストーブ(バーナー)いろいろ出てますね。チタン製の軽量コンパクトなものなんかもあって、評判は良いようですね。
      中国製もこのところ一時のような「安かろう悪かろう」ではなく、コスパの高い良い製品が増えてきている印象です^_^

  4. 名前:マンボウ 投稿日:2019/12/07(土) 10:48:57 ID:f2dfeb1b1 返信

    おはようございます。
    コピー商品がでましたか、焚き火台。
    商品の価値に対しては妥当な価格なんでしょう。
    が、開発費を考えない、繰り返し生産での原価率で考えると真似されてしまうんでしょう。
    企画力,アイデア力に、製造技術力での差別化が伴わないと、先行者利益だけで終わるのが厳しいです。
    その点、超高純度フッ化水素なんぞは、物自体は相当昔からあるにも関わらず、無数の量産技術の積み上げで出来ている商品は強いですね。
    三星なんぞは本当に優秀な人々が集まっていると驚きますが、それでも量産できない。
    年月をかけて積み上げた技術ってのは、そんなもんでしょう。

    • 名前:リコプテラ 投稿日:2019/12/07(土) 20:07:19 ID:4b30d51ec 返信

      マンボウさん、こんばんは。
      確かにアイディアだけでは特許でも取得していない限りは、真似されちゃいますよね。
      おっしゃる通りで、真似できない製造技術を持っていれば別ですが、今回の焚き火台は簡単な素材で構造自体もシンプル。つまり、作るのも比較的簡単なんですよね。素人でも真似して作ってるくらいですから(笑)
      超高純度フッ化水素酸ってよく知らないので調べてみたら、半導体や液晶の製造工程にも欠かせないものらしいですね。真似したくても簡単に真似できない技術は凄いですね。
      日本の伝統工芸の世界もそうですよね^_^

  5. 名前:Nori1022 投稿日:2019/12/08(日) 20:58:55 ID:7ab85343f 返信

    これは僕も迷いました。一旦買うをクリックしたけどいくつも焚き火台あってもどうかと思いキャンセルしました。買えばよかったかな。

    • 名前:リコプテラ 投稿日:2019/12/11(水) 19:04:15 ID:1f40e112b 返信

      Nori1022さん、こんばんは。
      Noriさんはもっと本格的な焚き火ができる大きい焚き火台持ってましたよね。
      私は荷物を背負って渓流を遡るので、軽量コンパクトなピコグリル(もどき含む)一択ですが、複数人でキャンプするならもっとがっちりした焚き火台の方が使い勝手が良いと思います。
      今回は踏みとどまって正解だったんじゃないでしょうか(笑)

  6. 名前:幻の渓流師 投稿日:2019/12/18(水) 18:13:24 ID:eeef42f57 返信

    早くもまがいが有るのですねこれだけコピっているというのは流石中国?なのですかね。
    しかし材料的にこのように高価なのでしょうかね???
    野趣溢れるキャンプですと自分は作っても良いのではなぁ~って思うのは素人の浅はかさでしょうか(笑)
    リコブテラさん流石の比較ですから欲しくて高額で躊躇した方は流れを変えそうですね?
    最初の人気に先に購入した際に手作りを・・・のように記憶しておりますが記憶に誤りが無ければ是非期待したいです。ついつい質素に手作り好き渓流師なもので^^;

    • 名前:リコプテラ 投稿日:2019/12/19(木) 22:45:17 ID:b73916c4c 返信

      幻の渓流師さん、こんばんは。
      売れ筋商品があるとすぐにコピーしてアマゾンで売るのが中国流ですね(笑)
      今回の製品は本物と見分けがつかないくらいの完成度だったので、使う側としては半額のこちらの製品の方が良いですよね。
      材料自体は安いと思います。
      幻の渓流師さんのご記憶通り、私は本家を買った時に脚も火床も採寸してあるので、いずれ自作する気満々です(笑)