スポンサーリンク
スポンサーリンク

エンジン内部を綺麗にしよう|ジムニー JB23

ジムニー
この記事は約3分で読めます。

エンジン内部にべっとり付着した古いオイルをクリーニング

2018年の話ですが、ジムニーのスパークプラグを点検した際に、電極にデポジットが付着しているのが発覚しました。

スパークプラグにデポジット付着|原因と対策
先日、愛車ジムニー(JB23-1型)のスパークプラグ交換とイグニッションコイル交換をしたわけですけども、スパークプラグの電極部にデポジットと呼ばれる堆積物が付着していたんですよね。私は単に黒くなって電極が劣化しているだけだと思っていたら、写...

いくつかの対策を講じ、電極の焼け具合は良くなったんだけどスパークプラグのネジ山がオイルでべっとりという事態が発覚し、シリンダーヘッドカバーを開けてガスケット類を交換。
その時に、シリンダーヘッド内のクランクシャフトなどにオイルがべっとり層状になって付着してたんですよね。

スパークプラグにオイルがべっとり|ジムニー(JB23)
先日、デポジット対策の効果は出ているのかとスパークプラグを外して点検してみたわけです。電極の焼け具合は良好だったのですが、ネジ部分にオイルが滲んでいます。三気筒のうち、特に真ん中のプラグにはベットリ。何なんですかこれは!?プラグホー...

これがあまりよろしくないということで、上記記事にも後日追記した通り、次のオイル交換のタイミングでいくつかのケミカルを使ってみることにしました。


まずはオイルを抜きます。
オイル交換については、以前に詳しく書いたのでそちらをご覧下さい。

ジムニーのオイル&フィルターエレメント交換|JB23
ジムニー(JB23-1型)のスパークプラグ交換をした時にデポジットが付着していて、いくつかその対策を講じました。オイル添加剤を入れ、ガソリンをハイオクに変えてワコーズフューエルワンも投入。ワコーズによるとフューエルワンは2本使うと(満タン...

とりあえず、即効性のフラッシング

ドレンボルトをもう一度取り付けてから、ワコーズのエンジンフラッシュ楽天で見るアマゾンで見るヤフーで見る)をオイル規定量の3分の2以上を入れ20〜30分アイドリングします。
ジムニーの場合、オイル規定量は3リットルなので、2リットル強くらい入れて30分アイドリングしました。

ディーラーやガソリンスタンドでオイル交換を頼むと、
「フラッシングはどうしますか?」と聞かれることありますが、そのフラッシングの強力なヤツですね、このワコーズのエンジンフラッシュは。

走行中もゆっくりとエンジン内部をクリーニング

もう一度オイル(エンジンフラッシュ)を抜いて、フィルターエレメントを交換してからドレンボルトガスケットを新品に交換してドレンボルトを装着。
新しいエンジンオイルにeクリーンプラス楽天で見るアマゾンで見るヤフーで見る)を1本混ぜてから注入します。eクリーンプラスは2.5〜6リットルに対して1本です。
アイドリングしてからオイル量をチェックして完了です。

エンジンフラッシュは即効性があって強力なクリーニング剤ですが、eクリーンプラスは遅効性で走行中にゆっくりとエンジン内部をクリーニングします。
後は、普通に3,000km走行したらオイル交換すれば大丈夫。この時に、必ずフィルターエレメントも交換するようにします。

この辺りの写真も撮ってあったんですが、PCのHDDがタイミング悪くクラッシュして吹っ飛びました (T-T)
まぁ、写真で説明するほどでもないですけどね(笑)

これで、1年に1回くらいeクリーンプラスを添加していけば、エンジン内部は綺麗に保たれるんじゃないかな、と思います。

その後今年3月の車検時の点検で、スパークプラグも点検してくれた整備士さんが「プラグのやけ部具合もバッチリです」と太鼓判を押してくれたので、エンジン内部の状況は良くなっているようです。

スポンサーリンク
魚ココロあれば水ココロあり

コメント

  1. エンジン内部がキレイになれば、思う存分踏めますね!(笑)

    あとはオイルをまめに交換して、スラッジをなるべく溜めないようにするのが吉。
    。。。なにげにこれが結構面倒ですが。。。

    • Keymanさん、こんばんは。
      あのオイルベットリの状態からだいぶ綺麗になったと思うし、そのせいかどうかはわかりませんが、このところエンジンは絶好調なのでガンガン回せます。
      と言っても、ジムニーはそういう車ではないんですが(笑)

      おっしゃる通りです。オイル交換はしっかりやって、エンジン内部を綺麗な状態に保ちたいです。
      うっかり距離を超えちゃうことあるんですよねー。

  2. こんにちは
    年末にエンジンの大掃除も出来てスッキリですね。
    今の爺車は既に9年に近くて、ミッションオイル交換もエンジンフラッシュも一度もしていなので、キチンとエンジン周りを整備したら、変速がカクカクして、エンジンからオイルがニジミそうです。
    やはり、普段からキチンと整備しておくのが大事ですね。

    • マンボウさん、こんばんは。
      そうですね、ジムニーは安心して新年も走れそうです。実はこの他にも実家の軽トラも少しいじりまして、こちらも解決したのですっきりした気分で新年を迎えられそうです。
      エンジンのフラッシングはたまにはやっておいた方が良いと思いますが、今の日本車のエンジンはとても耐久性が高いのでオイル交換さえしていればさほど問題なく乗り続けられるのも事実なんですよね。
      ジムニーの場合はいくら古くなっても、新品部品が入手できるという特殊な車なので、手を入れながらずっと乗り続けたいです (^_^)

  3. 相変わらずマメにメンテされていますね。^^
    いや、これを当たり前にできるのは、ホント凄いと思います。

    • kuniさん、こんばんは。
      このジムニーはすでに21年前の車なので、まめにメンテナンスしないと乗り続けられないって話なんですけども(笑)
      中古で購入した当時は、なんて手の掛かる車なんだと嫌気がさしたこともありましたが、いろいろ手を入れて調子良くなってきたので、今では愛着が沸いて、どこか調子が悪くなる度に「これでまた車いじりができる」とちょっと嬉しくなる自分がいます。
      たぶん、なんらかの病気にかかっているんだと思います(笑)

タイトルとURLをコピーしました