フライタイイング勉強中

スポンサーリンク
フライタイイング勉強中

魚が激しくアタックしてくるフライ|レッドハンピー

ドライフライで釣れる季節になってからは、渓流の釣り上りならアダムスパラシュートとエルクヘアカディスさえあれば釣りは成立します。 フライフィッシングを始めたばかりの人にとって、無数にあるフライの中からいったい何を使ったら良いんだろう?って迷う...
2020.08.31 8
フライタイイング勉強中

羽を水面に貼り付けて流れるカゲロウ|CDCスピナー

渓流魚の常食は、なんと言っても川の中で暮らしている水生昆虫。 代表的なものは、カゲロウ、カワゲラ、トビケラの三種で、いずれも餌釣りでは最高の餌ですね。 フライフィッシングでもこれらの虫を模したフライがたくさんありますが、その中でもカゲロウ...
2020.08.31 14
フライタイイング勉強中

甲虫のきらめきが魚を惹き付ける|CDCピーコック・ビートル

久しぶりにフライタイイングの記事です。 ドライフライで釣れる季節になってからは、渓流の釣り上りならアダムスパラシュートとエルクヘアカディスさえあれば釣りは成立します。 フライフィッシングを始めたばかりの人は(私も最初はそうでした)、無数...
12
フライタイイング勉強中

福島から届いたフライ|FFfreakさんのイマージャー

昨年末、福島県在住で当ブログによくコメントもいただくFFfreakさんから「メイフライのイマージャーを作成しましたので、来シーズン試供品をお使いになりませんか」とお声かけいただいたので、お言葉に甘えることにしました。 年が明けて、ここ...
2020.06.30 14
フライタイイング勉強中

フライを夕方でも見やすくしよう|白いパラポストウィング

私はパラシュートフライのパラシュートポストはピンク色を好んで使っています。 日中は(特に日が当たっていると)よく見えますが、ピンク色って早朝の薄暗がりや夕暮れ時は見にくくなることがあります。 見やすい色は人によっても違うと思いますが...
14
フライタイイング勉強中

私より寿命が長い道具|ダイナキング プロフェッショナルの分解メンテナンス

今年の初めに悪戦苦闘しながら編んだランディングネット。目がちょっと粗いし、目の数を間違えるという大失敗はしたけど、渓流で使ってみると実用上なんら問題なくお気に入り。 これを編んでいる時に、編み掛けの網を一時的に引っかける支えとして使っ...
15
フライタイイング勉強中

額装ちょっぴり修正と三本の毛鉤

先日ブログに額装フライが届いた件を書きました。 嬉しかったので、アップの写真も何枚か載せたら作者本人から、フライ名の英語表記にスペルミスがあったとコメントもらいまして(笑) 作者のkuniさんは修正方法を考えると言ってくれましたが、...
10
フライタイイング勉強中

関西からモグラがやってきた|kuniさんのサーモンフライ

タイトルがちょっとおかしいけど、関西から生きたモグラがやってきたわけじゃないし、鮭の揚げ物のレシピでもありませんよ(笑) とある日、ポストを覗くと楽天ブックスの封筒が入っていました。 あれ?楽天ブックスで何か本を買ったっけ? ...
2018.09.14 16
フライタイイング勉強中

チェコニンフ用アンカーフライ|TBHメイフライニンフ

今年はチェコニンフ(チェックニンフィング)というヘンテコなフライフィッシングもやり始めてみたんですよね(笑) 詳しくは上記記事を見ていただくとして、一番下にできるだけ重さのあるアンカーフライ、その上にドロッパーを二つ付けて、深さの違う三つ...
2018.11.18 14
フライタイイング勉強中

夏にも春先の渋い状況にも効くフライ?|プードル

まだドライフライに魚がバシャバシャ反応してくれない早期に、マーカーニンフ意外で威力のあるフライはないものかと頭を悩ませていました。 そして、水面下にボディーが入る半沈フライのメンバーを増やしました。 コカゲロウ・フローティングニンフやF...
12
フライタイイング勉強中

チェコニンフ用カディスラーバ|クロカワムシフライ3

3月のまだ寒い時期に見事尺イワナを仕留めてくれたクロカワムシフライ2。 それからしばらく出番もなく、というか忘れてて使ってなかったんだけど、例のチェックニンフィングロッドを買った時に見つけたマテリアルを使えばクロカワムシっぽく巻けそう。 ...
2017.12.06 8
フライタイイング勉強中

ぽっかりと浮くフライに反応がない時に|FTクリップルダン

先日巻いたコカゲロウ・フローティングニンフと同様、ボディーが沈んだ状態で浮くタイプのフライをもう一つ巻いてみることにします。 今シーズンはこの半沈ボディーに力を入れようと思っているところです。 フェザントテイル・クリップルダン|フライタ...
6
フライタイイング勉強中

水面直下の妖精|コカゲロウ・フローティングニンフ

先日のウルイ川釣行では、気温、水温ともドライに反応しても良さそうな感じでしたが、ドライフライ、マーカーニンフとも中途半端な反応しかありませんでした。 そんな中、割と反応が良かったのが前日に巻いたコカゲロウ・フローティングニンフでした。 ...
2019.04.07 10
フライタイイング勉強中

ツールスタンドを作ってみました|フライタイイング

フライタイングをする時にツールスタンドがあると便利そうじゃない? 私は今まで、筆立てのようなものにごそっとまとめて突っ込んであったんですが、ごちゃごちゃしてさっとツールを取り出せなかったりして・・・ もちろんこんなツールスタンドが販売さ...
2017.06.01 14
フライタイイング勉強中

ウグイのフライフィッシング?|クロカワムシフライ2

前回巻いてウグイを相手にテストをしようと思っているクロカワムシフライ。 ウグイテストはまだできていないけど、違うパターンを思いついたのでとりあえず試作してみます。 クロカワムシフライ2|フライタイイング フック:TMC108S...
2017.07.05 10
フライタイイング勉強中

里川のアマゴが釣れるでしょうか|クロカワムシフライ

今回は久々に釣りブログに戻って、フライの話です(笑) この冬もざざ虫漁をやっていたおかげで、誰よりもたくさん見ているヒゲナガカワトビケラの幼虫(クロカワムシ)。 この虫は天竜川本流には本当にたくさんいます。支流では下の方にいますが上...
8
フライタイイング勉強中

クロスオーストリッチをドライフライに

久しぶりに釣りブログらしい記事を(笑) 以前に巻いたクロスオーストリッチ。 昨年、フィッシュオン鹿留で試した時は、魚の反応はもの凄い良いわけじゃじゃないけど、大きいヤツが連続して釣れました。 1回試しただけなのでまだなんとも言えないけ...
8
フライタイイング勉強中

三種類の虫に見える曖昧なフライ|MSC

渓流釣りの最高の釣餌は川虫。 先日のざざ虫に引き続き、また虫の話ですか!? いやいや、虫と言っても今日はフライフィッシングの方ですから(笑) 川虫は普段魚たちが主に食べているものだから、釣り餌として使ったら食いは抜群。 ただ、川...
4
フライタイイング勉強中

金色に輝く胸|BSフェザントテイルニンフ

昆虫の体は、頭、胸、腹の3つ分かれます。 そして胸から6本の足が出ているのが昆虫の共通した特徴だと、学校で教わった記憶があります。蜘蛛とかムカデなんかは同じ虫でも昆虫じゃないですね。 フライのメインモデルであるカゲロウ、カワゲラ、ト...
2016.12.16 12
フライタイイング勉強中

水中でゆらめくダチョウの羽|クロスオーストリッチ

フライフィッシングの世界に島崎憲司郎さんという人がいる。 ドライフライフィッシングをやっている人なら誰でも知っている、ドライシェイクを開発した人。その他フライフックやらマテリアルにいたるまでいろんなものを開発していて、私もドライシェイクを...
2017.02.28 12
フライタイイング勉強中

ヘンテコなフライが効くこともある|ADW毛虫2

少し前に毛虫フライの試作を巻きました。 一つはADW(エアロドライウイング)をボディーに巻いたもの(ADW毛虫)。 もう一つはフライフォームを使ったちょっとヘンテコな形のフライ(フォーム毛虫)。 ADW毛虫の方は、水に浮か...
8
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました