スポンサーリンク

ジムニー 荷室フラット化して使い勝手向上(JB23)

JB23-1型は、後部座席の座面をはね上げ、背もたれを倒すとフラット状態になります。
でも、後ろのトランク部分との段差があるんですよー。これが非常に使い勝手が悪い。
それを解消するために、APIOというメーカーからこんな便利なものが出てますね。

ジムニーの荷室をフラットにするための市販品。


アピオ 荷室フラットボックス ジムニー JB23/JB33/JB43楽天で見るアマゾンで見る
ボックスになっているので、中にものが入れられます。

アピオ製 荷室フラットデッキ タイプ3 JB23/33/43楽天で見るアマゾンで見る
こちらは、元々ジムニーに使われているボルトを使って、しっかりと固定できます。デッキは上に持ち上げることができるので、デッキ下にものが入れられます。
どちらも、専用品だけあって素晴らしい商品なんですが、いかんせんお高いんですよねぇ。
そこで、ホームセンターで1×4材と2×4材を買ってきて段差解消台を制作することにしました(ジムニー納車前に制作)。

お金をかけずに自作でジムニーの荷室をフラットにする。

言ってみれば、すのこ板です。横幅910mm、奥行き300mm。
ネジ位置をちゃんと測り、キリで穴を開けてから木ねじをドライバーでネジネジ。
キリで穴を開けるのに一苦労。木ねじをねじ込むのがものすごーく大変でした。6本締めたところで、手のひらの皮がむけそう…これ以上無理(^_^;)
6本とまってれば、強度上問題なさそうなので、あとは6本は釘に変更。
なんとか完成。ドリルがあればもっと簡単だったろうなぁ。あー疲れた。
★後日追記:
マキタのドライバドリルを購入しました。これは本当に重宝します! 詳細はこちら
ともかく、ジムニーのトランクに置いてみるとこんな感じ。
140313ジムニーフラット01
思った以上にピッタリ!ちょっと感動!
140313ジムニーフラット02
上にグレーのカーペットを貼り付けようと思ってたけど、ただ載っけとくだけで良さそう。
これで、荷室は完璧フラット状態。釣り道具いっぱい載せて出かけられるゾ。
下には、ブースターケーブルと牽引用ベルトを入れてみました。
お金に余裕のある方は、上記商品(特にフラットデッキの方)を素直に購入するのをお勧めしますけどね(笑)
★後日追記:
ジムニーの車中泊ベッドを自作しました。詳しくはこちら

『ジムニー 荷室フラット化して使い勝手向上(JB23)』へのコメント

  1. 名前:北海道ディアハンター 投稿日:2018/10/08(月) 11:58:41 ID:028debba1 返信

    ありがとうございます。大変参考になりました。ホー○ックさんで1000円弱で材料購入して、そのままお客様工作室を利用させてもらい、30分程度で完成しました。車内に設置したところピッタリでした。

    • 名前:リコプテラ 投稿日:2018/10/09(火) 00:36:10 ID:90ac9f542 返信

      北海道ディアハンターさん、こんばんは。
      コメントありがとうございます。うまくいったようで何よりです。
      こちらでは、ホームセンターでは直線カットのみしかやってもらえないところがほとんどで、自分で自由に機械を使えないんですよね。
      お客さま工作室というのがあれば良いですねー。
      「1/1スケールのプラモデル」とも言われるジムニーは、自分でいろいろいじるのも楽しみの一つですよね(^_^)