2016年04月一覧

胞子には不思議なパワーがある|つくしのボンゴレ

先日ススキ竿釣行にでかけた池の周りにつくしがたくさん生えていました。 毎年1回は佃煮にして食べているので採ってきました。 採ってきたつくしはハカマを取ります。“ハカマ”とはつくしの節のようになっている部分についている鞘みたいなものです・・・

素材を生かす(アラ丸ごと鯛めし)

以前に“ゼロ活力鍋”という圧力鍋で鯛のアラ煮を作ったら、あの固い頭までサクサク食べられた件を書きました。 それはもともと写真投稿サイトで「この鍋で鯛のアラ煮を作ってそれを丸ごと入れた鯛めしを作ったら美味しいかった」という投稿を見たからです・・・

辛くなくちゃ意味がない|葉ワサビの醤油漬け

先日の熊沢川釣行で採った葉ワサビを醤油漬けにしました。 ワサビは根の部分をすり下ろして刺身につけると最高なのはご存じの通り。というかワサビがあるのとないのじゃ刺身のうまさが全然違う。そして、チューブに入った練りワサビと天然のすり下ろしワサビは全然違いますね・・・

限界に挑戦!|ススキ釣り(その2)

前回のススキ釣りでは、見事にアブラハヤを釣り上げたススキ竿。 アブラハヤをターゲットにするとたかがススキとはいえ、竿のパワーが勝り過ぎる。 今回はもう少し対等に戦えるターゲット、マブナを狙います。 それに向けて先日、ススキの二本継竿を製作したことだし。なかなかの暇人ですね(笑)・・・

これなら持ち運びも楽々|ススキ竿 二本継仕様

先日のススキ釣りでは見事にアブラハヤを釣り上げ、パワー的には余裕のありそうなススキ竿。 短竿とはいえ、全長2.1mだとジムニーに積むとギリギリで、穂先を破損しかねない。 これ、2本継にできないものだろうか。 素材用のススキはあるから、ちょっと試してみよう・・・

なんて呼んでます、これ?|ノビルの天ぷら

うちの辺りではネンブルと呼ばれている山菜があります。 一般的にはノビルと呼ばれているけど、うちの辺りでは「ねんぶる」と以前に書いたら、同じ長野県内でも地区により「ねんぼろ」「ねんびろ」と微妙に違っているとコメントいただいて、初めて知りました。 共通しているのは「ねん」。たぶん「ネギ」がなまったんでしょう・・・

春の風味満点|ノカンゾウの餃子

先日、ヨモギと一緒にノカンゾウを採ってきてぬたを作りました。 ノカンゾウってネギとニラの中間のような感じだから、ギョウザを作ってみることにします。 以前にネギをたっぷり使ったギョウザを作りましたが、今回は初めて皮から作ってみることにします・・・

鴨のおかげかも|木曽川水系 ルアーフィッシング

雨が降った翌日の4月14日、前日の晩は小雨程度だったのでそんなに増水してはいないだろうと、フライタックルを持って南アルプスへ方面へ。 前回の与田切川釣行では気温が高くなる予報だからと上の方へ行き過ぎて、震えながら釣りに懲りたので・・・ 途中、天竜川を見ると結構な濁流・・うーん、支流はどうだろう・・

秘技!ススキ釣り|ススキ竿で釣れたのか

先日作ったススキ竿。 こんなんでホントに魚が釣れるのだろうか。竿はそれなりの張りがあるけど、ねばりがないから、あるところまで曲がったらいきなりポキっと折れちゃいそうな雰囲気。穂先はかなり弱そう。 どのくらいまで弧を描くことができるのかは実釣で確認するつもり・・・

これでホントに釣れるのか?|ススキ竿作り

『釣りキチ三平』という漫画が私の釣りのバイブルだというようなことは以前書きました。 つまり主人公の三平くんが私の釣りの師匠です。 奇想天外な釣り方がいろいろ描かれていて、読んでいるとワクワクしてきます。 そんな中でいつか自分でもやってみようと思っていた『ススキ釣り』・・・

スープに使えるって簡単に言うけどね|手打ちラーメンの作り方

先日、圧力鍋で豚角煮を作りました。 短時間でとろとろにやわらかくなって、うまかったです(^_^) 圧力鍋の説明書に付属のレシピ集に従って作りましたが、その最後に 「下茹でのゆで汁はラーメンのスープにも使えます」と書いてあったのです。 確かに、これをこのまま捨てるのはもったいないから

カゲロウが舞う谷|木曽川水系 ルアーフィッシング

4月2日、ポカポカ陽気になる様子。 フライフィッシングに行きたいところだけど、実は昨年のままフライを増産せずに戦ってるんですよね。次回釣行はフライをしっかり補充してからにしたい。 だからと言って、天気の良い日にウチに籠もっているのはもったいないから、久しぶりにルアータックルを持って釣りに・・・

野草を食べる|ノカンゾウとヨモギ

ちょっと料理に使いたいと思っている野草があって、先日の夕方ちょこっと採りに行きました。 どこにでも生えてるけど、畑の土手に生えているようなのはもしかしたら怪しげな農薬がかかってるかもしれないから、なるべく人気のないところのヤツを採ろう・・・

スポンサーリンク