田植えとカエル

昨晩は、恐ろしくなるほどの突風が吹き荒れてましたが、本日はうって変わってとても穏やかな晴天。
朝から田植えをしました。

140517田植え
と言っても、今どきの田植えはもちろん機械で植えるので、そんなに重労働ではありません。
しかも、毎年機械操作はアニキの担当なんで、私は苗運びや土ならし、そして機械では植えられない四隅やうまく植わらなかったところを手で植え直したり、そんな感じの仕事をします。

両親とアニキと私の4人で、田んぼ4枚(3反歩半くらい)、お昼を少し回って完了しました。
今年も、おいしいお米ができますように。

ところで、この季節になると水の入った田んぼでカエルがゲコゲコ鳴き始めます。
小学校の頃、カエルは冬眠して春に眠りから覚める、と教わりその時は「ふーん」くらいにしか思ってませんでしたが、今さらながら、これってすごいことですよね!
だって、ここ信州の冬の寒さったら、スゴイですよ。田んぼなんかガチガチに凍っちゃいますよ、何ヶ月も。
それを眠って生き抜いて、田んぼに水が入ったらまたよみがえる。スゴ過ぎる。
そもそも田んぼをトラクターでガンガン耕したり、踏んづけたり、大丈夫なの?カエルたち。

野生の生き物たちの生命力には、人間はとてもかないませんね−。

スポンサーリンク

フォローする

Googleのおすすめコンテンツ。
Googleさんが選んでくれたおすすめ記事