スポンサーリンク
スポンサーリンク

アウトドアの新しい相棒|メレル カメレオン8

おすすめアイテムキャンプ道具
この記事は約9分で読めます。

長年履いたカメレオン4の耐久性にビックリ

私は、ここ数年アウトドアに出かける時はいつもメレル カメレオン4を履いています。
釣りに行く途中の林道歩きやMTBを漕ぐ時も、それからキャンプ、山菜採りやキノコ狩りの時にも。


だいぶ汚れちゃってますが、5、6年履いてもほとんど傷むことなく、まだ履けそうな感じです。
靴紐はさすがに先端部がほつれてきたので、先日替えました。
量販店に売っていた緑色の靴紐にしてみたけど、色が鮮やか過ぎて浮いてる?(笑)
ちゃんと調べてみたら、この靴を買ったのは2012年9月13日。
5、6年だと思ったら、なんと丸々8年も履いたことになります!
それなのにまだ普通に履くことができるという耐久性の高さ。

 
購入時一番最初にダメになるだろうと思っていた靴紐を通すテープ部分(写真1枚目黄色矢印)。これが耐久性が高くて全然ダメにならない。いや、もちろんそれは良いことなんですよ(笑)
どこか傷んだところと言えば、写真2枚目の黄色矢印のところが少し剥がれたくらいで、実用上は問題なし。

 
ソールもまだ普通に履けますね。
踵部分はさすがに8年も履けば減っていますが、まだまだ大丈夫な感じ。
この靴はまだ履けるので、今後も山菜採りやキノコ狩りでは活躍してもらいます。

カメレオン7がセール特価だったけどソールの評判が・・・

8年間の間に、カメレオンシリーズも5→6→7→8と4世代も新しくなりました。
今年の夏くらいでしたかね、スポーツ店でカメレオン7が特売されていたので手に取ってみたんですが、いったんウチに帰ってアマゾンレビューを見たら「ソールが濡れた路面で滑る」という意見が多いんですよね。
人によって感想はまちまちでもちろん「特段滑りやすいということはない」と高評価の人もいます。
滑るという人の中でも、アスファルト、コンクリート、タイル、石など状況はまちまち。
いくら滑りやすいと言ったってアスファルトの上で滑るってことはないと思うんだけどな・・・
タイルは物によっては滑ることはありますね。
そして、石。これはヌメリがあるかどうかで大きく変わってきます。もし沢筋のような場所の濡れた石だとしたら、ヌメリがある可能性が高いのでそれはどんなゴム底でも無理ですよ。沢靴のサワートレッカーRSでさえ、ズルズルなんですから。

アマゾンレビューを鵜呑みにはできないけど、それにしてもあまりにも滑るという人が多いので買うのはためらいました。
そもそもカメレオン7が特売になっていたのは、新製品のカメレオン8が出たからなので、カメレオン8を買おうかと少し前から思っていました。こちらは7とは違い、「滑りやすい」というレビューはほとんどなく、概ね高評価のようです。

アマゾンか楽天のセールを見計らって買おうと思っていたところ、少し前にkuniさんが同じシューズを買って履き始めたとブログに書かれていました。先を越された(笑)
kuniさんは仕事場で履くとのことでしたが。

ともかくカメレオン8を買いましたよ。

足元を万全にしてアウトドアを楽しもう|メレル カメレオン8 レビュー

スマートなデザインの快適アウトドアシューズ


MERRELL Chameleon8 Storm Gore-Tex楽天で見るアマゾンで見るヤフーで見る
メレル カメレオン8

  • 靴幅:2E
  • 表地:合繊
  • ソール素材または裏地:ゴム
  • 防水:ゴアテックス
  • ヒールの高さ:4.5 cm
  • ヒールのタイプ:フラットヒール
  • 留め具の種類:レースアップ
  • ソールの厚さ:2.5cm
  • 重さ:410g(26cmの場合/片足)


カラーは6色。
左から、ライケン、ブラック、フレイム、アサイー、ボタン、コバルト。
カラー名がブラック以外個性的過ぎてよくわかりません(笑)
日本語で普通に言えば、緑、黒、オレンジ、紫、水色、青ってところでしょう。
このカラーラインナップがアメリカっぽいというか、妙に派手な色が多いんですよね。
日本でも最近は派手なアウトドアウェアが流行っているので、こういうのが売れるのかな。
このラインナップの中だと私は、紫、水色、青はまず選びません。
そして黒はなんだかつまらないので除外。オレンジは好きな色だから選んでも良いんだけど、履いているうちに薄汚れてきそうな感じなので、結局最初からこれしかないと思っていた緑(ライケン)を選択。
これで、kuniさんと全くのお揃いになりました(笑)

サイズは、いつも履いている靴と同じ27cmを選びました。


靴紐を留める部分は、カメレオン4と同様にレースアップと呼ばれるタイプ。
このループが耐久性が無さそうに見えて、もの凄く耐久性があるのはカメレオン4で確認済み。
足にはフィットする方式ですね。


カメレオン4との大きな違いは、アッパー部がメッシュ状生地一枚のつるっとしたデザインだということ。私はどちらかというとカメレオン4のデザインの方が好きですが、この方がフィット感は良いのかもしれないですね。
カメレオン5以降はこのデザインが踏襲されています。

ゴアテックスメンブレンを内蔵しているので、雨の日でも靴の中は快適そのもの。ちょっとした水たまりに踏み入れても問題ありません。


そして、カメレオン7では酷評されていたヴィブラムのソールはリニューアルされて、良くなったとの評判。

 
カメレオン4は、二つの素材が組み合わされたソールでしたが、カメレオン8は単一素材のソールになったようです。

 
踵から爪先まで巻き上げるように張られたソール。
これが、歩く時に足を前に押し出してくれるような効果をもたらしてくれて、アスファルト道や林道を歩く時に楽なんですよね。
一方で、このソール形状のために設置面積が小さくなって、真っ平らなソールの靴よりも条件によっては滑りやすいということはあるかもしれませんね。

踵にはテープループが付いていて、履きやすくなっています。


あ、そうそう私の場合は、軽快さとバックパックに装着する可能性も踏まえて、軽いローカットモデルを選びましたが、より本格的に足元をしっかり固めて歩き重視の選択ならミッドカットモデル楽天で見るアマゾンで見るヤフーで見る)がお勧めですよ。

いろんな場面を想定して試し歩きしてみよう!


とりあえず履いてみましょう。
ん? なんだかカメレオン4に比べてフィット感がイマイチのような・・・
新品状態でアッパーがちょっと硬く感じるからかな。
カメレオン4は履き始めから全く違和感なくフィットした気がするけど。


林道を歩く前にちょっとアスファルトを歩いてみます。
思ったよりもソールが硬いですね。これも、しばらく履けばもう少し柔らかくなってくるのかな・・・今の状態だとアスファルトはやや突き上げ感があります。

kuniさんへ(読んでくれてるといいのですが)
もう数ヶ月履いてると思いますが、フィット感についてはどうですか?
履いているうちに履き始めよりフィットしてくる感じあります?


さぁ、メインフィールドの林道を歩いてみましょう。


うん、林道歩きはそれほど突き上げ感もなく、いい感じですね。


足先の方がなんだか緩いような気がするので、靴紐を締め直します。


うん、さっきよりはフィット感が良くなりました。

 
いつもキノコ狩りで登っているような山をちょっと歩いてみます。
良いですね、こういう山は歩きやすいです。

 
苔むした石の上、それから倒木の上も歩いてみます。
とくに不安はないですね。
※皮がむけた倒木はつるつるで、どんなシューズでも滑るので要注意。

 
本当は新しいシューズでこんなところ歩きたくないけど、ドロドロしたところを歩いたり、沢に降りて水際を歩いたり。

 
ゴアテックスなので水辺を歩く時も頼もしいです。
写真 1枚目のような川面から頭を出した石。特に問題無さそうに見えますが、水が掛かっている部分のヌメリが強くて滑ります。
写真2枚目の石は完全に全体がヌルヌルの苔に覆われていて踏み出したら間違いなく転びます。
沢靴のサワートレッカーRSでさえ、こういう状況の川では全くの無力なので、カメレオン8 に限らずゴム底の靴は例外なく滑りますね。ヌメリのない石なら食いつくように効きますけどね。

 
ここはワサビ増殖計画(その2)で登場した水が染み出している斜面。
こういうところは全然問題なし。

濡れた街中で滑るようなことがあるのか

それから、アマゾンレビューにあったような濡れたアスファルトとかタイルとかを試してみよう。

 
濡れたアスファルトの上。
全く滑りません。カメレオン7が濡れたアスファルトの上で滑ったってのはどうも信じられないんだよねぇ。濡れたアスファルトの上で滑る靴なんてない気がする。
続いて濡れたコンクリート。
こちらも全然問題なし。

 
濡れた鉄板の上。
これも特段滑りやすいってことはないですね。
側溝の蓋として使われているグレーチング。これも濡らした状態で。
ん? これは滑りやすいね。
靴底との接触面が極端に小さいから、これはどんな靴でも滑りやすくなるでしょう。
濡れたグレーチングの上を歩く時は気をつけましょう。


濡れたタイルの上。
これは靴の種類によってはかなり滑ることはあるかもしれないですね。
カメレオン8は特に不安を感じるようなことはありません。


先日、実家周辺はうっすらと雪が積もったのでオマケのテスト。

 
うっすらと雪が積もった凍った地面。
しっかりグリップして歩きやすいです。
うっすらと雪が積もった鉄板の上。
これは当然慎重に歩いた方が良いですが、意外と滑りませんね。

メレル カメレオン8 履き始めレビューまとめ

足を前に前にと押し出してくれるような歩きやすさと、多様な路面でグリップ力を発揮するビブラムソールが頼もしい。

カメレオン4に比べて、履き始め状態ではアッパーのフィット感がやや悪く感じますが、しばらく履くと足に馴染んでフィット感が良くなることに期待します。

カメレオン4に比べてソールが硬い感じがします。これも、フィット感がイマイチだと感じる要因の一つかもしれません。これについてもある程度履くと感じが変わってくるかもしれません。


遠く離れた地で、同じシューズを履いてお仕事頑張っている人がいると思うと、なんだか嬉しいですね。
私もこれを冬の間にも履いて、春には履き心地が良くなったシューズでアウトドアを歩き回りたいと思います。
しばらく履いた後のフィット感、履き心地についてはまた追記しますね〜。

2021.1.27追記:
履き始めてから3週間ほど経ち、ある程度の距離を歩いたら当初よりかなりフィット感が良くなりもっと履いているうちにさらに足に馴染みそうな感じで、これからアウトドアで存分に活躍してくれそうです。
2021.6.13追記:
山菜採りや釣行時の林道歩きで半年ほど履いてみました。
フィット感はさらに良くなり、当初気になっていたソールの硬さも和らいで来て、今ではアウトドアの良き相棒になってくれています。
まだまだ履けると思っていたカメレオン4の方は、雨の日に履いてみたらゴアテックが劣化したようで、靴の中が濡れてしまいました。今後は晴れの日限定で履きます。
スポンサーリンク
リコプテラをフォローする
魚ココロあれば水ココロあり

コメント

  1. 長く履けるならいいですね。値段を見たら ウーンと思ってしまいましたが 私は、安いトレッキングシューズを履いていますが、そろそろヤバイです。  長持ちするならカメレオンかな。

    • Kさん、こんばんは。
      カメレオン4は本当にビックリするくらいの耐久性だったので、カメレオン8にもお値段以上に長持ちしてくれることを期待しています。
      本文にも書きましたがカメレオン8はソールが硬いので、柔らかいソールが好みであれば同じメレルのモアブ2の方が良いかもしれません。
      今履いているトレッキングシューズがダメになったら、検討してみて下さい (^_^)

  2. 街使いにメレルのスタンダードを履いてます。合成皮革の1枚革縫製タイプね、

     カミさんがwild1の売れ残りを買ってくれまちたが、ダンビロのノッペラが好きではないと思いつつ、アラマ! なんとも履き心地が楽で愛用中です。
     踵の丸みがドライビングシューズ同様なので運転にもあいます。

     底減りはシューグーで補修をしようかなと思います。
     ワークブーツとデッキシューズのウレタン底には何度も使用して具合がいいです。ウェダーのピンホールならOK

     新年からはC&R釣りに行けません。雪が積もり川近くに行くのが不安です。

     この40年でランクルBJ41で、田んぼに脱輪し、釧路湿原で転落かと思ったこと、パジェロで湖岸に埋まったこと、エスクードで実家前でJAF救出されたことetc・・・
     クロカン4駆車を何度過信しましたことか。

     現行ジムニーの5ドア版ともいえそうなのが、ラダーフレームの初期エスクードなのです。車中泊がしにくい以外は源流釣行にも向いてます。ルーフテントもあるのですが、カミさんがノーーーです。2,5人分サイズだから幅が出ちゃうかも。
     
     

    • FFfreakさん、こんばんは。
      メレルのスタンダードってジャングルモックのことでしょうか。
      奥さん、良い靴を買ってきてくれましたね。のっぺらデザインは私のあまり好きではないんですが(笑)
      確かにソールの踵部分が巻き上がっていると、運転にも向いていますね。
      私も長く履いている革靴は、シューグーのような補修剤で修理しています。

      こちらでも田んぼも落ちていたりするのは四駆の車が多いです(笑)
      初期エスクードはラダーフレームでしたっけ。今のエスクードはだいぶ雰囲気が変わっていまいましたよね。

  3. おはようございます
    8年とは凄いですね。
    ソールゴムとボディ布が殆ど剥がれていないってのは、耐久性で信頼できる技術を持っているメーカーですね。
    私も3年前にシリオのトレッキングシューズに変えましたが、膝が守られているって感じで気に入っています。
    石畳の街を1日歩いてもOKで、今ではタウンユースにもフィッシングユースにもトラベルユースにも大活躍です。
    良い靴ってのは、行動範囲を広くしてくれて、凄く大切です。
    デザインがタウンユースにもゴツさなさそうで、次の買換え時には是非とも試履きして見たい一足ですね。

    • マンボウさん、こんばんは。
      私もまさか8年も履いているとは思っていませんでした。このまま行くと、10年履けてしまいそうです(笑)
      シリオというメーカーを知りませんでしたが、イタリアと共同開発した日本ブランドなんですね。
      こちらも良さそうなシューズがありますね。私なら「P.F.116-2」が良いかなと思います。

      どんな活動でも、歩くには目的に敵った良いシューズが必要ですよね。
      私はどちらかというと上記「P.F.116-2」のようなデザインが好きですが、カメレオン8はスマートなデザインなので、おっしゃる通りタウンユースのユーザーも多いようですよ (^_^)

  4. おぉ、お揃い、お揃い!!
    すみません、記事読むの遅れちゃった・・・^^;

    ボクは元々甲高だからか、このシューズの形状でフィット感はそこそこだと感じていました。
    そして濡れた舗装路、雪の舗装路も歩きましたが、グリップに関しては特に問題なし。
    ソールがやや硬めと言うのは、まさに同感です。
    でも土の上を歩くには、かなり良い感じ。
    舗装路面では、新品のタイヤを履いた車みたいな雰囲気。
    仕事柄、消毒液の入ったバット内でシューズを洗浄することもありますが、なんの気兼ねもなくできるところは二重丸。

    ただ難点は・・・いやこれはシューズの問題ではなく、ボクの足の問題ですが、足首が弱い(と言うか足全体が弱いのですが)ためにソールの踵部分の幅が狭くて簡単に足を捻ってしまう点。
    特に硬めのソールのために捻りそうになってから立て直そうとしても、一気に捻ってしまう感じが怖い。
    あくまで普通の足首の人には、なんの問題にもならないことを重ねて申し添えておきますが、ボクには辛い面です。

    ただ単純な履き心地は決して悪くなく、良い買い物だったとは思っています。
    このシューズと一緒に買ったキーンのシューズは、まさにリコプテラさんが履いておられたカメレオン4に近い形状で、ソールも柔らかめのため今のところ履き比べると仕事用にはこちらがベターというのが本音。(笑)
    でもケース・バイ・ケースで履き分けるつもりなので、どちらもより長持ちさせることができるかなと思っています。
    今のところ仕事の際はキーンを3~4日履いたら、カメ8を1~2日履くといった感じでお互いに休ませながらローテーションしています。

    この全体の硬めのセッティングのため、耐久性の高さはありそうだなと思っていました。

    • kuniさん、こんばんは。
      これで、カメレオンブラザーズになりましたね(笑)

      私は今のところ、このソールの硬さが一番気になっています。履いていくうちに少し柔らかくなって、フィット感も向上してくれることを期待していますが。
      確かに足首が弱い人はこのソールの硬さは気をつけた方が良さそうですね。同じメレルでも、モアブ2の方がソールが柔らかそうで、私の好みなのかもしれません。
      KEENも注目しているメーカーなんですよね。もしかしたら、次はKEENを履くかもしれませんが、また8年後?(笑)

      アウトドアシューズも2足持っていて交互に履くと、両方とも長持ちしますよね。
      詳しいレポートをありがとうございました。とても参考になりました (^_^)

タイトルとURLをコピーしました