ジムニーの乗り心地を良くする| JB23 タイヤ購入+静音計画

ジムニー(JB23-1型)、中古購入した時についていた195/80R15のタイヤを履いていたけど、どうもフワフワするし(乗り心地がソフトと言えばソフトだが)、アスファルトのうねりがあったりするとハンドルを取られるんです。16インチの純正ホイールの中古を車屋さんから安く購入してあったので、結局タイヤを買うことにしました。
候補は以下の4つ。
・トーヨー TRANPATH A/T
・ヨコハマ GEOLANDAR A/T-S
・ダンロップ GRANDTREK AT3
・ブリジストン DUELER A/T 694

お世話になっているタイヤ屋さんで価格確認すると、
安い順に、トーヨー→ダンロップ→ヨコハマ→ブリジストン。
トーヨーはパターンが雨に弱そうなので外し、ブリジストンは高いので外し。
ヨコハマかダンロップになり、乗り心地はダンロップの方が良さそうだけど、今回はより悪路に強くて固めのヨコハマにしてみました。

140611ジムニージオランダー01
↑遠目だと良くわかりませんね(汗)

140611ジムニージオランダー02
↑YOKOHAMA GEOLANDER A/T-S 175/80R16。
>>楽天市場で見る >>アマゾンで見る

組み替え工賃、タイヤ廃棄料、消費税込みで¥50,000にしてくれたんで、まぁまぁじゃないですかね。と言うか感謝感謝!
財布的にはちょっと痛かったけど、ウキウキ気分で早速ドライビング。
やっぱり走りがしっかりしてて良い。その分乗り心地が固いとも言う。
A/Tタイヤにしてはロードノイズは気になるほどじゃない。ただ、どうしても細かい振動は若干感じます。100km位走ってタイヤの慣らしが終わればさらに静かになるんじゃないかな。
どうであれ、乗り心地はが良いに越したことはない。そこでプリウスで実証済みの例の製品の登場です(笑)

140611ジムニー静音座金01
↑静音計画 ロードノイズ低減プレート。
>>楽天市場で見る >>アマゾンで見る

140611ジムニー静音座金02
↑こんなふうに、シート固定ボルト(4つ)の下に座金のように入れて、再度ボルトを締め付けます。
運転席と助手席両方施工。時間にして20分。
こんなんで効果あるの? と最初私も思いましたが、やってみると体感できます。
振動を吸収する特殊な合金でできてるらしいですよ。このプレート。
助手席の方にも思いやりがあれば、もう1パック(プレート4個)購入して施工して下さい(笑)

それから、
140611ジムニー静音マット01
↑静音計画 ロードノイズ低減マット。
>>楽天市場で見る >>アマゾンで見る

140611ジムニー静音マット02
↑今回使用したのはMサイズ。他にLサイズもあります。
かなり厚めのゴムマットの裏には、不織布が貼り付けられています。そこの四隅にベルクロシールを貼り付けて、フロア部分に置けば完成。その上に今まで使っていたマットをずれないように置けば完成。

140611ジムニー静音マット03
施工時間10分。
車種によっては、マットの余分なところを切ったりした方が良い場合もあります。

で、再度ドライビング。

ジムニーの場合、ロードノイズというより足元から伝わってくる細かい振動が一番気になったんだけど(長距離乗ると疲れそうな感じ)、それが明らかに低減されました!

先日、タイヤ交換+静音計画施工後のジムニーで釣りに行きました(6/15付ブログ参照)
舗装路はスポーティーに走れて満足。そして、石がゴロゴロしてる川へと下る砂利道を走っている時にはこのタイヤは安心感がありますね。

今後は燃費データもとってみたいと思います。