妄想広がる釣り道具|キッズシックス、ロッホモア、プラクティスパル

フライフィッシングで上流部へ行ってみたい! と思い、仕舞寸法の短いロッドを探しました。
今持っているロッドは8フィート3インチの4番。技術がないせいもあるけど(笑)、源流部では長さを持て余しそうなんで、全長もぐっと短いヤツ。

140719キッズシックス
↑Caps キッズシックス(6フィート・2番3番)
>>楽天市場で見る >>アマゾンで見る
これ、「キッズ」って名前がついてるくらいだから子供用なの? とCapsのサイトで見ると特に子供用という記載はない。まぁ、子供用と書いてあっても買っちゃうけど(笑)
それにしても、袋とケースの色が幼稚園の帽子みたいな黄色なのはちょっと・・・まぁ、いい。
ルアーでは木曽川本流でも5フィートロッド使ってるくらいなんで、元来ショートロットが好きなんだ、きっと。そして6ピースなんで源流行にはもってこい(でも、たぶん下流域でも使っちゃうんだろうな)。しかもお手頃価格。私にはちょうど良いだろう。

そして、それに合わせる小さいリールはCapsのディスクドラグにしようかと思ったけど、いっそのことシンプルでより軽量なこれでいいんじゃないだろうかと。
140719ロッホモア
↑DAIWA ロッホモア100A。
>>楽天市場で見る >>アマゾンで見る
「糸巻き」としては必要十分な性能(笑)。なんと言ってもこの価格で販売しているダイワさんは素晴らしい!
カチカチっていうクリック音がとても気持ちイイ。

140719ロッホモア2
↑普段ルアーで左巻きに慣れてるから、これも一応左巻き仕様に変えとこう。2箇所を矢印方向にカチっと動かすだけ。シンプル構造っていいいね。
左巻きだろうが、右巻きだろうが、このリールで魚とやりとりする気はないけどね(笑)

140719キッズシックス+ロッホモア
↑2番ラインを巻いて装着するとこんな感じ。素振りした感じではバランス良さそう。
さぁ、これでどこに釣りに行こうか、ワクワクしちゃいます。

と、ここまでで買い物終了のはずだったが、Amazonさんのおすすめしてくる商品にふと目がとまる。
なんだ、これ??

140719プラクティスパル1
↑TIEMCO プラクティスパル(シングル)。
>>楽天市場で見る >>アマゾンで見る

140719プラクティスパル2
↑室内でフライキャスティングの練習ができるんです!
フライラインとヤーンの組み合わせでガイドを通るときの摩擦やラインテンションが実際のタックルと同じように体感できるようになっているらしいです。
実際にやってみると、これがおもしろいんですよー。室内でホントにキャスティング練習ができるし、今日みたいに釣りに行けない日や、夜なんかにちょっとこのロッドを振れば、目の前に渓流が広がり(ついに幻覚症状が出始めたか…笑)イメージトレーニングができます。
このシリーズは3タイプあって、他にヤーンだけのお手軽タイプ(これは練習用というよりも遊び用)、ダブルハンドタイプもあります。

もう、すっかりはまっちゃいました。空き時間には、このロッドを振って妄想に浸っています。
それにしても、Amazonさんは、いつも心をくすぐる商品をおすすめしてくるよなー(笑)