「 山菜採り 」一覧

山の宝石キイチゴ|天竜川水系 フラフィッシング

少しだけ釣りに行きました。 今日は、それほど大きいのは釣ったことはないですが川で育った元気なイワナ釣れるので好きな川、中田切川です。ここは、太田切川、与田切川と合わせて田切三兄弟の次男坊(真ん中の川)です。他の2河川同様、普段から水量が多いので今のような渇水状態の方が釣りやすいです・・・

ハチクの勢い(淡竹採り)

孟宗竹のタケノコを掘ったことを5月8日の記事に書きましたが、それから2週間ほどが経ち、今度は淡竹(ハチク)のタケノコが出てきました。 「破竹の勢い」って言葉あるでしょ。あの破竹とは違います。あれは・・・

酸っぱい思い出|イタドリのキンピラ

先日ホップの芽(カラハナソウ)を採ったときに目に付いたイタドリ。 イタドリって子どものころ爺ちゃんから「子どもの頃はこれをかじっていた」という話を聞いて、皮を剥いてかじってみたけど、酸っぱーっ!! 「コレハ人間ノ食ベル物デハナイ」と深く心に刻んだのでした・・・

旬っていう字が入ってる(タケノコ掘りとアク抜き)

毎年今頃になるとタケノコを堀りに行きます。 竹っていろんな場所に生えているけど、人のうちのタケノコを勝手に掘っちゃダメですよ(笑) 種類もいろいろあるみたいですが、タケノコとして食べるのは、真竹、孟宗竹、淡竹(ハチク)、ネマガリタケ(姫竹)あたりでしょうか。 ネマガリタケはほんとは竹じゃなくて・・・

新緑色の餃子(ヨモギとノビルの水餃子)

少し前にノカンゾウの餃子を作った時に、kuniさんからノビルで作った餃子を食べた記憶があってうまかった、とコメントいただきました。 ノビルの餃子! あれは確かにネギのミニチュア版みたいな感じだから餃子に入れたらうまいいに違いない。やってみよう!・・・

胞子には不思議なパワーがある|つくしのボンゴレ

先日ススキ竿釣行にでかけた池の周りにつくしがたくさん生えていました。 毎年1回は佃煮にして食べているので採ってきました。 採ってきたつくしはハカマを取ります。“ハカマ”とはつくしの節のようになっている部分についている鞘みたいなものです・・・

なんて呼んでます、これ?|ノビルの天ぷら

うちの辺りではネンブルと呼ばれている山菜があります。 一般的にはノビルと呼ばれているけど、うちの辺りでは「ねんぶる」と以前に書いたら、同じ長野県内でも地区により「ねんぼろ」「ねんびろ」と微妙に違っているとコメントいただいて、初めて知りました。 共通しているのは「ねん」。たぶん「ネギ」がなまったんでしょう・・・

野草を食べる|ノカンゾウとヨモギ

ちょっと料理に使いたいと思っている野草があって、先日の夕方ちょこっと採りに行きました。 どこにでも生えてるけど、畑の土手に生えているようなのはもしかしたら怪しげな農薬がかかってるかもしれないから、なるべく人気のないところのヤツを採ろう・・・

偽物なのか本物なのか(ニセアカシアの天ぷら)

今の時期、よく河原の高木に白い花が房状に咲いているのを見かけます。 ニセアカシアです。「ニセ」と言うくらいだから、「本物」もあるわけですね当然。 ただ、アカシアというのは同じ豆科ではあるんだけど、別の黄色い花を咲かせる種類の総称らしいのです・・・

すくすく育ち過ぎ(タケノコ採り)

あっ、そろそろタケノコを採れる時期では? 連休が明けてから今年はいろいろバタバタしていたので、そんなことを思い出した時にはすでに昨年採った日から10日も過ぎていたのでした(T_T) それでも、竹林パトロールに出かけるか・・・

見向きもされない山菜(シャク)

山菜の中にもタラの芽やワラビのような人気ものもあれば、ミズやノカンゾウのように、あまり人気のないものもあります。 今日登場するのはその中でも地味な存在、シャクです。4月の末に採取しました・・・

スポンサーリンク