スポンサーリンク

炊きこみご飯にすると抜群なキノコ|コウタケご飯

天日干しにして保存してあった9/28に採ったコウタケで炊きこみご飯(コウタケご飯)をつくることにしました。
コウタケは香茸と書くだけあって、醤油のような独特のいい香りがします。乾燥させると、香りとうまみがさらに増します。

コウタケの炊きこみご飯


口の中に広がる醤油のような芳香と、コウタケのコリコリした食感も良い感じ。
これはコウタケならではの美味しい炊き込みご飯になりました。


油揚げの中にコウタケご飯を詰めて、いなり寿司風にしてみました。
これを持って野山へ出かければ最高ですね!

詳しいレシピは、姉妹サイト『美味しい山菜&きのこ図鑑』内、こちらの記事をご覧下さい。

『炊きこみご飯にすると抜群なキノコ|コウタケご飯』へのコメント

  1. 名前:Nori1022 投稿日:2014/11/03(月) 23:23:51 ID:589fc6ab0 返信

    多種多様なキノコが天然であって凄いですね。
    美味そうだなー。

  2. 名前:リコプテラ 投稿日:2014/11/04(火) 17:54:23 ID:589fc6ab0 返信

    Nori1022さん、こんばんは。

    > 多種多様なキノコが天然であって凄いですね。
    > 美味そうだなー。

    長野県は海がない代わりに、山の幸は豊富なんですよー(笑)
    シーズンは終わりですが、キノコは乾燥や塩蔵などの方法で保存しておけば、長い期間料理としては楽しめますね。