イワナ爆釣|天竜川水系 ルアーフィッシング

今日は12時頃からホームリバーへ。
4/1に水がコーヒー色で断念した場所。川を見てみると、前回ほどではないが川が濁ってる。
少しルアーを引いてみるが反応なし。
ちょっと上流へ移動してみよう。
あぁ! なんか工事してる。
140409長谷黒川-工事中
どうやら水路の方へ水を流すため、川の流れを強引に変えてるみたいだ。
なんだか知らんが、川を掘り返すのやめてくれ。
工事箇所の上流へ入ってみる。
140409長谷黒川
↑こんな感じです。川の色もいい感じ。水温10℃。

渓流ミノースカジットデザイン ダイビングビートル 4SP
↑まずはこれを流してみる。
狭いポイントでも、しっかりと底をトレースしてくれるので、小渓流では大活躍。
ただ巻きでも、イレギュラーな動きで魚を誘い出します。お気に入りカラーは「スモルト」。
反応なし。

スミス Dコンパクト
↑次はこちら。
実績抜群のD-コンタクトの姉妹ルアー。D-コンタクトより小粒だけどしっかりとした重さがあるので、飛距離もあって操作もしやすい。
カラーはヤマメ。
140409長谷黒川01
↑黄色丸のあたりでヒット。
140409長谷黒川アマゴ
↑18cmのアマゴ。感謝感謝、もっと大きくなってくれ。
それからしばらくアタリなし。
140409長谷黒川-獣骨
↑なにやら大きめな獣の骨が転がってました。ワイルドだな。シカ? イノシシ? 南無阿弥陀仏。
140409長谷黒川02
↑そして何の変哲もないこのポイント。
あれ、よく見ると、黄色丸のあたりにイワナが時々浮上してきてエサを食べてるゾ(写真ではわかりません)。

【驚異の回転性能を誇るARSブレード装着!】【メール便可】スミス ARスピナー トラウトモデル 3.5g
↑まだ水温低めだから、ゆっくりと見せることができるスピナーがいいかもってことで。
このスピナーは糸よれもなく、キャスト後の立ち上がりが早いので渓流ではとても使いやすい。
140409長谷黒川イワナ02
↑2投目できました! イワナ24cm。放流魚だ、これ。養殖だとやっぱりヒレが大きくならないね。そんなに泳ぐ力が必要ないからか。
(3/29の木曽川イワナと比べてみるとよくわかる)
でも釣られずに何年かこの川で育てば、野生化してヒレもしっかりしてくるんだろうか。
その後、同じポイントで同サイズを何匹かランディング。どうも放流したばかりみたいだ。管理釣り場のように良く釣れる。

【10000円(税別)以上のお買い上げで送料無料!】【ルアー】デュオ:スピアヘッド・リュウキ45S MNI4047:MPテネシーシャッド【ミノー・シャッド】
↑ポイントを少し移動して、ルアーもこちらに変更。木曽川で尺イワナを釣り上げてから、信頼度アップ。
140409長谷黒川イワナ01
↑1投目からヒット! その後も順調に釣れる。サイズも見事に揃ってる。やっぱり放流直後(笑)
ルアー交換も頻繁にして試してみると、今日はどうもグリーンやブルー系の色が調子良いみたいだ。
爆釣モードだが、ダメなルアーは見向きもされなかった。
3時間ほどで、15尾ランディング。その他にバラシ3、4尾。久々の爆釣だった。
まぁ、たまにはこういうこともなきゃねー。
塩焼き、干物に必要分をキープ。ありがたや。実家に持っていって親に食べさせてあげよう。