味噌とチーズは合うね|イワシとシイタケのさんが焼き

スーパーに行ったら、新鮮そうな真鰯(マイワシ)が3尾150円で売られていました。
こういうのを見ると光り物好きの私は、買わずにはいられません(笑)
基本的には刺身系で食べたいところだけど、何か新しい食べ方がないかなぁ、と頭の中でぐるぐる考えながら、スーパーの中をあてもなくぐるぐる歩き回ったりして。
三枚に下ろして何かを挟んで揚げるってのもいいかな、と思ったけどシイタケが目に入った時にピカッとひらめきました。

イワシとシイタケのさんが焼き

  • マイワシ…中3尾
  • 小ネギ…1本
  • ショウガ…10g
  • 大葉…2枚
  • 味噌…大さじ1
  • シイタケ…大きめのもの5つ
  • とろけるチーズ…適量

 
そんなに大きくないけど、マイワシ3尾150円とは安い!
小ネギ1本を細かく小口切り、ショウガ10gはみじん切り、大葉は縦半分に切ってから千切りに。写真は上記レシピの倍の量になっています。実際に使ったのは上記レシピの通り。


シイタケは大きめのものを選んで、軸(柄)の部分は切り落とします。切り落とした軸は薄くスライスして炒め物なんかに使えますね。

 
マイワシの頭を落とし、腹ワタを取り出します。
卵が入っていたので、取り分けてきれいに洗います。


雌一尾、雄2尾でした。卵と白子は取り出して洗い、薄い塩水に一晩つけて血抜きします。
もっとたくさんあれば煮ても良いと思いますが、少量なので焼いて食べることにします。
白子の焼いたヤツはうまいですよー。

まずは、イワシのなめろうを作ります。

 
腹の中をきれいに洗って、手開きにします。
手開きのやり方はこちらをご覧下さい。普通に三枚に下ろしても良いですが、手開きだと腹骨も取れるので簡単です。

 
尾を落とし、背中の部分を切り離します。頭側から手で皮を向いても良いですが、包丁の背を使って剥く方法が簡単できれいにできますね。
イワシの身を細かく切ります。残った小骨をこの工程で骨切りするつもりで、細かく切るのが大切です。後工程のタタキでは意外と小骨が切れません。

 
包丁でたたくようにして細かく切ります。
小ネギ、ショウガ、大葉を入れてさらにたたいて、混ぜ合わせます。

 
味噌大さじ1を入れ、よく混ぜ合わせながらたたいて、味噌を全体に馴染ませるようにします。
ここまでで、なめろうの完成ですね。
これに白ゴマを少し振って食べれば最高にうまいんだけど、今回はまだ先の工程があります。

なめろうを使ってさんが焼きにします。

なめろうを焼いたものはさんが焼きと呼ばれます。
普通は、大葉を貼り付けて焼いたら完成なんですが、今回はシイタケの肉詰めの雰囲気にしてみます。

 
シイタケになめろうを詰め込みます。見た目はシイタケの肉詰めそのものですね。
傘のとがったやつは安定感がないので、少し平らに切って座りを良くしました。

 
とろけるチーズを乗せます。
220℃で余熱したオーブンで焼きます。10分に設定しましたが、チーズが溶けてきてシイタケからも汁が出始めたので、7分で止めました。


じゃーん、できましたー!
なんとも良い香りがしますぞよ。
左奥に写っているのは、詰めた残りのなめろうです。これももちろん最高です。

そして、チーズの乗ったさんが焼き。
味噌とチーズの相性は抜群なんですが、それにシイタケの旨みがじゅわっと広がって歯応えもよく抜群にうまい!パクパク食べちゃいます。
今回はイワシにしましたが、もちろんアジでもいいですよ。

シイタケって嫌いな人もいるよね。

ところで、シイタケって嫌いな人も結構いるみたいなんですよね。あの匂いがイヤだとか。
私はそもそも自分できのこ狩りをしているくらいなので、根っからのキノコ好きなんですが、シイタケはかなりうまい部類のキノコだと思います。
栽培キノコに絞るなら間違いなく一番うまいでしょう。ブナシメジやエリンギ、マイタケなんかよりも旨みがありますね。そして、むっちりした歯応えも良いし。
でも、この歯応えが苦手だって人もいるみたいで・・・

シイタケは薄くスライスして炒め物に入れても良いし、天ぷらもうまいし、醤油をちょっとたらして網焼きなんかにするとこれまた最高なんですよね。
と、いくらうまそうに書いても、嫌いな人にとってはやっぱり嫌いなんでしょうね。
このうまさがわからないなんてかわいそうって思うけど、きっと大きなお世話でしょう(笑)

スポンサーリンク

フォローする

Googleのおすすめコンテンツ。
Googleさんが選んでくれたおすすめ記事

『味噌とチーズは合うね|イワシとシイタケのさんが焼き』へのコメント

  1. 名前:kuni 投稿日:2017/03/09(木) 15:01:53 ID:67eb100ef 返信

    これも反則じゃないですか?
    そりゃ、旨いでしょうよ。^^
    ボクの親友とんかつ職人の店では、しいたけにエビを詰めてラードで揚げた『えびしいたけ』というメニューもあって、これも絶品です。

    しいたけ、ボクは大好物ですが弟は大の苦手。
    好みが大きく分かれる食べ物のひとつですよね。

    • 名前:リコプテラ 投稿日:2017/03/10(金) 19:33:58 ID:5b03b3851 返信

      kuniさん、こんばんは。
      そうですね、私のブログに時々登場する反則的メニューの一つになりそうです(笑)
      シイタケと海老の組み合わせもいいですねー。
      それをラードで揚げる!? うっすら小麦粉か片栗粉をまぶして揚げるのかなー。真似して作っちゃおうかなー(^_^)
      同じ物を食べて育ったはずの兄弟でも食べ物好みって違うんですよね、不思議なことに。

  2. 名前:Nori1022 投稿日:2017/03/09(木) 16:53:05 ID:feda22a53 返信

    これはよいですね!間違いなくお酒が進みますね。
    椎茸は親父が食べる分程度に作ってますけど同じ感じでやってみます。
    椎茸嫌いな人勿体無いなー、ま、僕も納豆は食べられないけど(笑)

    • 名前:リコプテラ 投稿日:2017/03/10(金) 19:41:56 ID:5b03b3851 返信

      Noriさん、こんばんは。
      これいいですよー。イワシじゃなくてアジでもいいですね。
      日本酒に合いますね。私はあまり飲まないけど意外とワインも合うかも。
      お父さんがシイタケ栽培してるんですか。自家製のが食べられますね。
      納豆ダメですか。関西方面はダメが人が多いようですけども。
      ひき割り納豆を食べてみて下さい(食べたことあるかもだけど)。普通の納豆より食べやすいし、ひと味違います(^_^)

  3. 名前:マンボウ 投稿日:2017/03/09(木) 22:51:49 ID:f80b7a8e1 返信

    こんばんは。
    イワシは勿論美味しいでしょうが、焼シイタケだけでも美味しいですね。
    シンプルに焼いただけの椎茸はベーベキュウでの人気メニュウです。
    椎茸とチーズとの相性も抜群なので、椎茸にチーズを載せて焼けば、それだけでも贅沢な美味しさですね。

    • 名前:リコプテラ 投稿日:2017/03/10(金) 19:47:14 ID:5b03b3851 返信

      マンボウさん、こんばんは。
      シイタケうまいですよねー。おっしゃる通り、肉厚のシイタケに醤油をたらして焼くだけでも最高ですよね。
      煮ても焼いても揚げてもうまい、きのこ界の万能選手。こんなにうまいのに嫌いな人も多いってのが不思議です(笑)
      そう言えば少し前にラジオで、小学生が一番嫌いな野菜がなんとナスだと言ってました。これまた不思議で仕方ありません。